【Post-Hardcore】Something You Whisper 「From The Other Side」(2014)

スポンサードリンク

アルバムについて

カナダはケンブリッジ出身のPost-Hardcoreバンドのミニアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.Who I’ve Become
02.Speak To Me
03.Breathless Voice
04.Dead In Fiction
05.Anti-Conscience
06.Who I’ve Become (Acoustic)

お気に入りの曲

02.Speak To Me
04.Dead In Fiction
05.Anti-Conscience

好きなところ

・かなりメタリックなところ。

好きではないところ

ないですね。

説明

IssuesやBlessing A Curseに近いといえば近いと言えるかもしれないが、個人的には本作のほうがかなりメタリックな要素が強く、硬質なサウンドを前面に出しているという印象が強いですね。叩きつけるようなサウンドでもあるブレイクダウンパートのクールさタフさがかなり強烈な印象ではあるが、そこが本作の最大の特徴でもあり、格好良さでもありますね。IssuesやBlessing A Curseは甘さとクールさがありながらもやはり甘さのほうが強いと思うのに対し、本作はクールさのほうが強く感じ、ゴリゴリのサウンドがそう感じさせるのかもしれませんね。かなりメタリックな要素を強く感じさせるところがメタルコアファンでも十分に引き込まれるほどの魅力を感じます。IssuesやBlessing A Curseのような甘いPost-Hardcoreは好きだけど、Something You Whisperのサウンドもめちゃくちゃ好きです!これはかなり熱いアルバムだと思います。

本作のうりについて

Post-Hardcoreというものが良くわかっていないので、Post-Hardcoreとそれを紐付けるようにSomething You Whisperのサウンドを語るのはいくつか齟齬が発生してしまうので少々危ない気もしますが、とにかく本作で言えるのはメタルコア好きな人も好きになるであろう要素にブレイクダウンパートの格好良さがありますね。

例えば、#2「Speak To Me」での、出だしこそピアノだったりクリーントーンの甘さが本作の全体的な印象であるのかと思いきや、0:17で突然聴かれるガツンとかましてくる強烈なブレイクダウンパートにびっくりさせられるし、1:27あたりでアップテンポ1:38あたりで続くブレイクダウンパートも実に硬質な激しいものでなかなかクールです。

スポンサードリンク

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#2「Speak To Me」
#4「Dead In Fiction」
#5「Anti-Conscience」

どの曲も甘さとクールで硬質なサウンドが実に格好良いと思いますね。

#2「Speak To Me」

ブレイクダウンパートが実に格好いいので、自分みたいなメタルコア好きでもすんなり本作にどっぷりはまれました。Post-Hardcoreに対する敷居が低くなった感じ。

#4「Dead In Fiction」

#2「Speak To Me」に#4「Dead In Fiction」に#5「Anti-Conscience」と比べて少々落ち着いている印象を受けるものの、アップテンポな曲の展開が聴いていて心地よいです。ちなみに、2:31で聴かれるエレクトロ(インダストリアル)の装飾で飾られたブレイクダウンパートがツボです。

#5「Anti-Conscience」

ブレイクダウンパートバキバキのこれまたクールなサウンドで、それだけではなく甘いボーカルが魅せるその悲しげなEMO要素がなんとも心に響いてくるんですよね。激しさと甘さがうまく取り入れられていて、実に何度も繰り返し聴きたくなってしまうほどです。

本作のマイナスかなーって思うところは?

それほどそう思わせる部分はないですね。次はフルレンスを期待したいところです。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

結構メタリックな要素が強いため、ボーカルの甘さが硬質なサウンドとあっているかというと否かもしれませんが、個人的には問題なく「あり」だと思っています。まあ硬質なサウンドがちょい強めなので少々その点が気になる人がいるかもしれませんが、メタルコア好きな人でもすんなり本作は受け入れられると思いますね。個人的に好きなアルバムです。

映像

Anti-Conscience

評価

★★★★★★★★☆☆ (8.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。