【Djent/デスコア】The Storm Picturesque 「Revisited」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

イギリスはニューカッスル出身のDjent/テクニカルデスコアバンドのミニアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Ghost
02. Observing Polarities
03. Departure
04. Protoform

お気に入りの曲

01. Ghost
02. Observing Polarities
04. Protoform

好きなところ:

テクニカルな演奏が格好いい点ですね。

好きではないところ:

少々テクニックな面に走りすぎている点ですかね。

テクニカルでいてプログレッシブ度数高めなDjentサウンドも炸裂する興味深いアルバムです。

一聴して非常にテクニカル路線を意識した作品を作ろうとした意図が見える本作品。ザクザク刻まれるギターの歪みがDjentサウンドも盛り込んで、Djentサウンド好きな私には非常にツボな作品です。敷居が高そうな気もしましたが、案外すんなりと最後まで聞き通すことができました。深みを感じさせ、一筋縄ではいかない高次元なサウンドであることはわかりました。

テクニックに走っている部分もあれば、聴きやすさをきちんと残してくれているところが印象いいですね

とっつきにくさがあるように思えたのは最初だけで、実は結構聴きやすいアルバムなんですよね。踏み込むことが難しそうな印象は確かにあるので、聴いた人によっては何度も聴きこむのが大変な人がいるかもしれません。私は結構聴きやすいアルバムだと思いましたね。

だがやっぱりやっていることは普通ではないのは確か

不協和音を何度も繰り返すようななんとも理解し辛い演奏をしているのは確か。本当に私みたいな素人にはてんで何を目指し、どこに向かっているかなんて難しくてわかりもしない。この作品は本当に難しすぎるんですよ。ただ実験的であるといい印象は受けました。ザクザク刻むリズムの難解な繰り返しを取り上げてみても、やっぱり理解できない次元の高さがこのアルバムには存在しています。まああれこれ考えてみてもわからないものはわからないとにかく高次元の演奏がただただ繰り返し続いているんですね。

スポンサードリンク

相当聴き手を選びそうな曲の連続ではあるけど、格好良さもかなり感じさせる曲が多い

難しいんだけど、なんだか格好いいことだけはわかるんですよ。なんだろうこの不思議な感覚。難しく考えないほうがいいのかな?とか思いながらもやっぱりDjentサウンドをこれでもかと繰り出されれば素直に格好いいと思わないわけはないですし、素直にその癖のあるリズムに乗せて自分ののりたくなる、そんな魅力的なナンバーが詰まったアルバムなんだと思うんですよね。うん、素直に格好いいアルバムだと思いました。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「Ghost」
#2「Observing Polarities」
#4「Protoform」

#1「Ghost」

結構落ち着いた雰囲気で始まる出だしに戸惑いながらも、ああやっぱりかと思わせるほどに機械的な正確無比なリズムを刻みながらも、軽快に展開していく局展開、そしてサイバー的な近未来的サウンドを少々ブレイクダウンパートに塗して聴き手のメタルコア好きなツボをついてくる。最高に悪意があって最高に格好いい。もう惚れ惚れするくらいに良いんですよね。

#2「Observing Polarities」

もうね、こういう曲は反則だと思うんですよ。え?何がって?そりゃDjentサウンド+機械的な正確なリズムを刻むメタルコアサウンド。プログレッシブ度が高く、次元の高さを感じる音作りがもう最高に格好良すぎてどんどん深みにはまっていく。ビシビシとツボを突いてくる構成の曲は本当にずるいと思います。いや最高にほめているんですけどね。あー最高過ぎる!

#4「Protoform」

曲がの出だしが反則的に格好いんだよなあ…この癖になる機械的な正確無比な繰り返し放たれるリズムはDjentサウンドの格好良さも手伝って癖になる。そう、中毒性が高いんですよ。もう参ったと白旗を上げるしかない。そう思わせるほどにクールで格好良すぎるんですね。

本作のマイナスかなーって思うところは?

少々テクニックな面に走りすぎて無機質過ぎるところがちょっとモヤモヤしてるんですよね。まあ素晴らしい作品だとは思いますけど。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

テクニカルな作品だけに、聴き手を選ぶとは思いますが、テクニカル志向のバンドが好きで、プログレッシブ要素も多め、そしてDjentサウンドが好きな人にも十分にお勧めできるアルバムだと思います。

映像

Departure

評価

★★★★★★★★☆☆ (8.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。