【メタルコア】Inversa 「Mente」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

ブラジル出身のメタルコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Ivxx
02. Deixe Fluir (O Que Sera De Mim?)
03. Voo // Queda
04. O Mundo Em Minhas Maos
05. Hipocrisia

お気に入りの曲

04. O Mundo Em Minhas Maos
05. Hipocrisia

好きなところ:

テクニカルな演奏が格好良いです。

好きではないところ:

少々冗長だなと感じされる曲が目立っているところですね。

非常にテクニカルでプログレッシブ度数高めの、ギターが相当歪んだDjentサウンドが印象的なミニアルバムです

ギターは相当歪んでおり、テクニカルな演奏が印象的なDjentサウンドのアルバムです。歪ませ方は目新しい部分はないものの、Djentサウンドが好きな人には受け入れられ易いんじゃないでしょうかね。テクニカルな演奏が主体のアルバムなので、テクニカル志向の作品が好きな人に好まれそうなアルバムだと思います。

美しさを盛り込んだ実験的なテクニカルサウンドが印象的

どうもテクニカルなサウンドを盛り込んだアルバムには美しい要素も同時に盛り込むような作品が目立つような気がします。プログレッシブ度数を高める意図があるような気がしてならないのですが、曲にバリエーションを持たせる意味では狙いがあるんでしょうけど、傾向が多少なりとも見えてくる気がしますね。まあ聴きやすさも同時に上がるので、良い傾向だと思いますね。

テクニカルなサウンドだけにとっつきにくさがあるかと思いきやそれほどでもない

どうもテクニカルな演奏のアルバムはとっつきにくさを非常に感じやすい傾向にありますが、このアルバムではとっつきにくさはそれほど感じられませんね。そういった意味では、テクニカルなアルバムではあるながらもとっつきにくさはそれほど感じない反面、面白さが少々足りないかなと思いました。曲が冗長に感じられる部分もあり、曲のわかりにくさもある程度あるので、とっつきにくくはないけど、理解するのに難しいかな、とも思いました。そもそも分かりやすさが少ないのがテクニカルなナンバーだったりしますしね。変に私みたいに苦手意識のある人間にとってはこのアルバムを理解するのはなかなか難しかったりします。

スポンサードリンク

少々冗長な印象を受けたのが気になりました

パートでいくつか拾い上げてみると面白いところがあるのはいいのですが、曲として一通り聴いてみると冗長な印象を受けました。どうもただ長く感じてしまうような印象を受けるんですね。部分部分では面白いと思える半面、曲として聴き続けるとうーん…と思える点があったのがとても気になりました。(全部が全部というわけではないですけどね)

個人的にはクリーントーンパートのボーカルが歌うパートは少々冗長に聴こえてしまうんですよね。ザクザク刻むようなDjentパートは大体グロウル型のボーカルが歌っているんですけど、そのパートは格好いいんですけど…。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#4「O Mundo Em Minhas Maos」
#5「Hipocrisia」

#4「O Mundo Em Minhas Maos」

Djentサウンドバキバキなテクニカルサウンドが非常に格好いいです。かなり難解な演奏を聴かせてくれて聴いているこちらは気持ちが昂り、どんどん曲にのめりこんでいきます。とても格好いい曲だと思います。テンポよく、ノリの良いリズムて展開していくパートがかなり格好いいですね。

#5「Hipocrisia」

ザクザク刻むギターがなんとも格好良くて何度も繰り返し聴いてしまいますね。テクニカルな演奏も聴き所の一つで、その複雑な世界にどんどん引き込まれていくような感覚が実に気持ち良いです。

本作のマイナスかなーって思うところは?

少々冗長だなと感じされる曲が目立っているところですね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

とても実験的な印象を受ける曲が多く収められているので、結構聴き手の好みを分ける作品だと思います。なかなかわかりにくい印象を受けると思うので聴く人によっては何度も聴き続けるのは厳しい印象を受けます。その点を考慮して本作をチェックしてみるといいかと思いますね。

映像

O Mundo Em Minhas Maos

評価

★★★★★★★☆☆☆ (7.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。