【Post-Hardcore】Final Story 「Carpathia」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

スイスはアールガウ州出身のPost-Hardcoreバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Intro
02. Enter Your Burial
03. Carpathia
04. Epiphany
05. Empire
06. Bless The Sinners
07. Ocean
08. The Die Is Cast
09. Stars
10. Love Die Repeat
11. Homes & Hearts
12. Unaware

お気に入りの曲

02. Enter Your Burial
03. Carpathia
04. Epiphany
05. Empire
06. Bless The Sinners
07. Ocean
09. Stars
10. Love Die Repeat
11. Homes & Hearts

好きなところ:

エレクトロなサウンド、軽快なテンポ、そしてがっつりかましてくるブレイクダウンパートと、Post-Hardcoreバンドとしてはレベルが高くめちゃくちゃ格好いいところですね。

好きではないところ:

ないですね。

Post-Hardcoreバンドとしては無名ながらもサウンドづくりは一級品

ドライブ感を感じさせるアップテンポなパートがかなり飛び出してくるので、聴いていてとにかくテンションがかなり上がる格好良いサウンドが実にいいんですね。Post-Hardcoreバンドとしては結構いい線いってるんじゃないですかね。曲作りなんて結構手馴れている感じだし、Post-Hardcoreサウンドを作るセンスがとてもいいバンドだと思います。私はこのバンドのことを最近知ったのですが、新人にしちゃ出来過ぎな気もしますね。聴き手のツボをよく知っているような、本当に素晴らしい曲を作れるところに、少々驚きを隠せない、といった感じです。Post-Hardcoreサウンドが好きな人にはたまらないサウンド作りでびっくりです。

シンフォニックでエレクトロ満載でブレイクダウンてんこ盛りでクリーントーンパートのボーカルの美しさに…

はっきり言って聴き込めば聴き込むほどにうっとりするようなサウンドが続くことにびっくりなのですよ(何度驚いてるんだか)。これはぽっと出の新人が作った作品だとは信じれらないほどのレベルの高い作品です。シンフォニックなサウンドの美しさに酔いしれ、エレクトロ満載なサウンドにテンションが上がるし、メタルコアサウンドを色濃く取り入れたかのようなブレイクダウンパートがかなり使われているし、そして何よりクリーントーンパートのボーカルの美しさは絶品で…とにかく褒めまくりたくなるような、本当に素晴らしい作品。溜息すら出るような素晴らしい要素が数多く詰め込まれているんですよね。

完成度が信じられないほどに高くてびっくりするばかり

まったくの無名のメンバーで構成されたバンドだとすれば、それは恐ろしくも思わせる素晴らしい作品であることには間違いないと思います。数多くPost-Hardcoreの作品に触れてきた自分としてはこの作品の完成度に驚かされますね。聴けば聴くほどどんどんはまっていく自分がいます。

マイナス要素が見当たらないのですよ。Post-Hardcoreアルバムとしてはね

少しはマイナス要素を探してみたのですが…個人的には見つからなかったです。そりゃ難癖つけるような天邪鬼な性格の人なら…なんていうのは冗談ですけど、とにかく悪い面が見当たらない。そんな粗さがしをしてるくらいならこの素晴らしい作品の良いところを一つでも多く伝えているほうが楽です。それほどに素晴らしい。結構厳しく評価しようとも、良いところしか見つからないんですよ。それほどにどっぷりはまっている作品なんですよね。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#2「Enter Your Burial」
#3「Carpathia」
#4「Epiphany」
#5「Empire」
#6「Bless The Sinners」
#7「Ocean」
#9「Stars」
#10「Love Die Repeat」
#11「Homes & Hearts」

#2「Enter Your Burial」

個人的にこのバンドのブレイクダウンパートの格好良さは一級品だと思っています。がっつり落とし込んでくるような激しさに、聴いているこっちのテンションが上がらないわけがないんですね。そして何より疾走感溢れたアップテンポのパートがめちゃくちゃ格好いい。本当にしびれますね。程よくメロディアスなパートが展開されているのもポイント高いです。

#3「Carpathia」

シンフォニックなサウンドで幕を開けるこのナンバーはその美しさと、程よく塗された激しいメタリックなメタルコアサウンドが見事に融合されていて、その曲の作り方がうまいと思うんですよね。そしてクリーントーンパートのボーカルの、胸にグッとくるような美しさについ酔いしれてしまいそうになるし、グロウル型の激しく咆哮するボーカルの格好良さも素晴らしい。激しさと美しさが見事に融合されたサウンドが聴き手の心を離さないんですね。

#4「Epiphany」

ハイブリッド感あふれるサウンド、そしてブレイクダウンパートを盛り沢山に使うところにもう一発でほれ込んでしまうほどに素晴らしいサウンド。なんともまあこういう曲を作れるもんだなあと感心してしまうほどに素晴らしい。ライブで演奏されたら大盛り上がりすること間違いなしですね。いやー本当にため息しか出ないです。クリーントーンパートのボーカルが歌い上げるコーラスパートも素晴らしい。3:23でガツンとかましてくるブレイクダウンパートでとどめを刺されました…。めっちゃ恰好良いなあ…

スポンサードリンク

#5「Empire」

この曲もまたブレイクダウンパートを多用してくるナンバーです。激しさは程よく、聴いていて爽快感があるんですよね。こういう気持ちよく聴けるナンバーは年に何回あるか知れたもんです。だからこそこのナンバーの格好良さは大事にしたいですね。時に聴かれるハイブリッド感溢れたパートも実に格好いいです。

#6「Bless The Sinners」

エレクトロ要素の強いトランス色が濃いナンバーでとにかくテンションが上がりまくりですね。そしてクリーントーンパートのボーカルがまた美しいんですね。ってかめっちゃ上手過ぎじゃないですか?と思えばグロウル型ぼボーカルが咆えるのも実に格好いい。いやーしびれますね。2:13で聴かれるエレクトロ要素の強いサウンドにブレイクダウンパートをかましてくるところなんてもうたまらないですね。ブレイクダウンパートを惜しげもなく使っているところが実に格好いいんです。

#7「Ocean」

曲調がほかの曲とガラッと変わったヘビーさよりも軽さを感じさせるアップテンポの曲。バラード要素を感じさせるメロディアスなナンバーです。重苦しさよりも美しさを強調した印象を受けますね。

#9「Stars」

ピアノの美しさで始まるこの曲もアップテンポで軽快なテンポで展開してくナンバーです。そしてグロウル型のボーカルの咆哮が強烈だと感じながらも、クリーントーンパートのボーカルの美しさと見事に共存しているところが素晴らしいです。

個人的には、1:20の激烈にガツンとかましてくるブレイクダウンパート!これは最高に恰好いいんです!うおおおおお!私が求めていたサウンドが詰め込まれていますね!実にたまらんです!!3:35でもこれでもかと言わんばかりにブレイクダウンパートをガツンとかましてフィニッシュ!もう最高すぎる!!

#10「Love Die Repeat」

非常にメタリックなメタルコアサウンドが展開されるクールなサウンドが実に格好いいです。どこまで恰好良すぎるんでしょうね。激しさと美しさが見事に融合された格好いいナンバーですね。テンション高く疾走するパート、ブレイクダウンパートで聴き手に圧倒的な激しさをかましてくるその迫力が実に格好いい。素晴らしいです。

#11「Homes & Hearts」

エレクトロ要素が強いナンバーですね。クリーントーンパートのボーカルがどこか悲しげに歌い上げる様にしびれてしまいます。どうしてこんなにも悲しく歌うんでしょうか。。曲はヘビーながらもメロディの美しさ・切なさがかなり協調されているので、どこかその切ないムードに引き込まれてしまうんですよね。

本作のマイナスかなーって思うところは?

個人的にですけど、マイナス要素は見当たらないですね。あくまで個人的な意見ですけどね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

正直びっくりの連続というか、デビュー作にしてこの完成度…メンバーはどこかのバンドに所属していたんじゃないの?と思ってしまうレベルの高い作品だと思います。Post-Hardcoreバンドとしては素晴らしい楽曲が作れるバンドだと思うので、この先が楽しみなバンドだと思います。

映像

Enter Your Burial

Carpathia

Epiphany

Empire

Bless The Sinners

Ocean

Stars

Love Die Repeat

Homes & Hearts

評価

★★★★★★★★★☆ (9.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。