【Post-Hardcore】Despite My Deepest Fear 「Selfish Generation」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

イギリスはライスリップ出身のPost-Hardcoreバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Selfish Generation
02. F.Y.F.
03. Stranded
04. The Repressed
05. Infinite
06. Long Way Home

お気に入りの曲

 
04. The Repressed
05. Infinite
06. Long Way Home

好きなところ:

メロデス風味のメタルコアサウンドが格好いいところですね。

好きではないところ:

物足りなさや、ちょっと惜しいなと思わせる曲が並んでいる点ですね。

少々プログレッシブな印象も受けるPost-Hardcoreサウンド

プログレッシブ度数は少々高めのメロディアスなPost-Hardcoreサウンドが印象的。ブレイクダウンパートはバッキバキで、硬質なメタルコアサウンドも聴かれるデスコアサウンドで、テンションの高いサウンドが印象的です。シンフォニックなムードも感じ、プログレッシブな要素を多少なりとも感じ取ることができます。

気怠くも重苦しい世界観は聴き手を分けることになりそう

メロディアスなサウンドが結構聴かれるし、そもそも聴きやすいアルバムなので、Post-Hardcoreアルバムとして非常にとっつきやすい印象を受けます。ただ、爽快感というか気怠い印象を受ける曲が目立つので、その点が物足りなさを感じてしまうかもしれません。まあバンド側はその点は狙っている要素のうちの一つかもしれませんけどね。

エレクトロ要素が使われていて美しい世界観を作り上げている

ブレイクダウンパートが使われていて非常にメタリックなサウンドではあるものの、エレクトロ要素も見受けられ、サウンドとしてはどす黒さはあまり感じられず、美しい世界観が目立つ局が多いですね

Post-Hardcoreサウンドとしては結構王道の作品であるといえるかも知れませんね

Post-Hardcoreアルバムを色々聴いてきて、このアルバムもPost-Hardcoreアルバムとして基本に忠実な作品なのかもしれませんね。エレクトロ要素は使われていて、メロディアスで、クリーントーンパートのボーカルは甘い印象を受け、メタルコア要素はしっかり盛り込まれていて…そういった要素を一つ一つ見ていくと、そつなく無難に抑えているなというのが印象的です。まあとりわけ新しい要素がそれほど見つけられなかったということではあるんですけどね。

スポンサードリンク

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#4「The Repressed」
#5「Infinite」
#6「Long Way Home」

#4「The Repressed」

メロデス風味の強いナンバーで、ブレイクダウンパートも使われるメタルコアサウンドが実に格好いいですね。がっつり落とし込んでかましてくるブレイクダウンパートがしびれます。メロディの美しさもこの曲の聴きどころではあります。

#5「Infinite」

エレクトロ要素の強いナンバーで、ブレイクダウンパートもしっかりかましてくるあたりが非常に格好良いんですよね。かなりヘビーなパートがあったり、疾走するパートもあったりでアルバムの中では聴きごたえのある曲だと思います。

#6「Long Way Home」

疾走感溢れるパートがあるところは格好良いし、ブレイクダウンをかましてくるところも格好良く、メタリックなサウンドが聴けるのがいいですね。重苦しくもどこか激しく攻め立ててくるような曲の構成がいいんですよね。

本作のマイナスかなーって思うところは?

物足りなさや、ちょっと惜しいなと思わせる曲が並んでいる点ですね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

Post-Hardcoreアルバムとしては少々物足りないというのが正直なところ。いやね、Post-Hardcoreの要素はしっかり盛り込まれているものの、どこか物足りないというか、聴いていてテンションがすっきり上がってこないもどかしい感覚。ブレイクダウンパートなんて大好物なはずなのに、どこか物足りなさを感じてしまう。なんだろうこの埋まらない心の満足度。悪くないんだけど、じゃあ素晴らしいと高い評価が付けられるかというとうーん…っていう感じ。そんな気持ちでアルバムを聴き通しました。

映像

Selfish Generation

評価

★★★★★★★☆☆☆ (7.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。