【デスコア】Enterprise Earth 「Patient Ø」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

アメリカはワシントン州スポケーン出身のデスコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Shallow Breath
02. Theophany
03. Hollow Face
04. Amid Vultures
05. Porcelain Whore
06. Kiss Of The Recluse
07. Sus Cibum
08. Transorbital Awakening
09. Patient Zero
10. Amorphous

お気に入りの曲

01. Shallow Breath
02. Theophany
04. Amid Vultures
07. Sus Cibum
08. Transorbital Awakening

好きなところ:

どぎついデスコアサウンドが聴けるところ。

好きではないところ:

少々激しさが収まって落ち着いてしまったかのようなパートがある点です。

これは非常に殺傷能力の高そうなデスコアアルバムですね

もう#1「Shallow Breath」の出だしのブラストでこのアルバムがいかに殺傷能力の高い危ないアルバムかがわかりました。というか本気度の相当の高さを感じ、非常に興奮させられましたね。こういう危険だなと思わせるアルバム程、聴けば聴くほどにテンションも上がりますからね。

どんどん攻撃的でいて聴き手を挑発するくらいの勢いを見せてほしい、そう思うんですよ。

世界観はやはり「どす黒い」「暗黒面が広がる」世界なのがいいですね

ブルータル度数は非常に高く、それでいて音に殺意が込められた非常に近寄ると危険なサウンド。こういうサウンドで興奮しないわけがないじゃないですか。はっきり言って目が覚めるほどのピリピリとした緊張感が張り詰めている作品っていうのは非常にぞくぞくしますね。それくらいのインパクトがないともう興奮しないんです。

危険であればあるほど最高に興奮する。だからこそデスコアが好きなんですよね。欲を言えばもっともっと激しくてくれても全く問題ない・・・そのくらい激しさを欲したくなるんです。

いい感じのブレイクダウンパートをかましてくるから困る

それにしてもデスコアサウンドとしては満足のいくほどのレベルの演奏を聴かせてくれるのですが、ほかにブレイクダウンパートもまた実に格好いいですね。ミドルテンポで重苦しいパートも結構あるのですが、その中でもがっつり落とし込んでくるブレイクダウンパートもまたいいんですよね。個人的には結構ツボだったりします。

音の歪ませ方もまた格好いいです

ギターの音の歪みが個人的には好みなのですが、Djentサウンドを盛り込んでくるのも聴き逃がせないポイントです。あくまでデスコアサウンドとしてブルータルな音の塊で作られたさうんどではあるけれど、作られた曲のサウンドが非常に格好良いんですよね。

スポンサードリンク

音のひずませ方は個人的に好きですね。とにかくヘビーで歪んでいてブルータルで…魅力的なサウンドが詰まったアルバムだと思います。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「Shallow Breath」
#2「Theophany」
#3「Hollow Face」
#4「Amid Vultures」
#5「Porcelain Whore」

#1「Shallow Breath」

曲の出だしの激烈ブラストパートには驚きを隠せないほどのインパクトを感じますが、実に格好良いんですよね。たまにドラムがブラストするようなパートもあり、ゆったりとしたテンポだったり急に暴れだしたりとなかなか落ち着かないナンバーですね。やっぱり曲の出だしのインパクトが強烈に印象なんですよね。

#2「Theophany」

そこかカオティックな印象も受けるナンバー。デスコアサウンドとしてどす黒い印象を受けるナンバーですが、重苦しい空気の中で激しく攻めたてるドラムの存在はとても脅威ですね。時に暴れるパートがかなり格好良いです。

#4「Amid Vultures」

非常に歪んだギターのサウンドが印象的なナンバーです。そしてどうしようもないくらいに重くのしかかってくるようなヘビーなサウンド。時にブチ切れたかのような異常なテンションで暴れまくるドラムがまた強烈です。

#7「Sus Cibum」

とにかくヘビーさに拘ったサウンドづくりで、とにかく重苦しいサウンドである点が印象的ですね。ブルータルに喧ましくブラストするドラムのパートも格好良くて好きですね。だんだん呼吸するのがつらくなるような息苦しいサウンドが印象的なナンバーです。

#8「Transorbital Awakening」

この曲もまた非常に重苦しい重量級のサウンドです。まったくもって息ができなりそうなくらいに窒息してしまいそうな息苦しさが強烈です。

本作のマイナスかなーって思うところは?

少々激しさが収まって落ち着いてしまったかのようなパートがある点ですね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

非常にどす黒い世界観に包まれた危険度の高いデスコアアルバムで、ブルータルなデスコアアルバムが好きな人にはお勧めのアルバムです。とてもアンダーグラウンド臭の強い作品なので結構クセのある作品ですが、デスコアが好きな人にはお勧めの作品だと言えます。

映像

Shallow Breath

評価

★★★★★★★★☆☆ (8.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。