【ハードコア/メタルコア】Architects 「Lost Forever // Lost Together」(2014)

スポンサードリンク

アルバムについて

イギリスはブライトン出身のカオティックハードコア/メタルコアバンド。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.Gravedigger
02.Naysayer
03.Broken Cross
04.The Devil Is Near
05.Dead Man Talking
06.Red Hypergiant
07.C.A.N.C.E.R
08.Colony Collapse
09.Castles In The Air
10.Youth Is Wasted On The Young
11.The Distant Blue

お気に入りの曲

01.Gravedigger
02.Naysayer
03.Broken Cross

好きなところ

・思ったよりメタリックなところ。

好きではないところ

・それほど無いです。

説明

実はArchitectsのことは、知っていながらちゃんと聴いたことはなかったのですが、これほどまでにメタリック要素の強いバンドだったっけ?と思わせるくらいメタルコアな部分が使われていてびっくりしました。そもそもカオティックな要素は相変わらず強いけれども、それだけではなくてメタリックな要素やブレイクダウンパートが多用されているところに驚いてしまいました。

とは言うものの、そこがメタルコア好きを惹きつける大きな要素であり、今までのArchitectsの作品をそれほど聴きこんでいないにもかかわらず、本作についてはヘビロテ中となった要因にもなっています。カオティックな要素はまだまだ勉強中ですが、それとは別にブレイクダウンパートが飛び出してくると本作に対する印象がかなり親しみを持つようになりますね。

本作のうりについて

やっぱりカオティックなパートの迫力こそがArchitectsの持ち味だろうし、本作のうりにもなっていると思います。昔からのArchitectsファンにとっては個人的にはカオティックな部分が本作も取り入れられているところが歓迎される点だと思います。個人的にはメタルック名要素が思ったよりも強かったことが本作にはまる要因になっているんだと思います。

あとひとつ気がついたのは、カオティックな要素とは別に少々悲しげなパートも使われている、という点です。激しさの中に悲しみを盛り込んでいるところは過去のArchitectsのアルバムにも見受けられたのかな?少なくとも本作で悲しみを感じさせるところが実は個人的にお気に入りだったりします。

スポンサードリンク

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「Gravedigger」
#2「Naysayer」
#3「Broken Cross」

#1「Gravedigger」

出だしこそカオティックな入り方ではあるけれども、どこか切ないムードが漂う雰囲気が好きです。

#2「Naysayer」

出だしこそThe Dillinger Escape Planを彷彿するくらいのカオティックっぷりですが、1:02、3:00で聴かれる、「間」をためておいてからのガツン!とかましてくるブレイクダウンパートがめちゃくちゃ好きなんですよね。これが実に格好いいです。

#3「Broken Cross」

この曲も悲しげなムードの中にカオティックな要素(ボーカルの咆哮なんてまさにそれ)、そしてブルータルに攻める攻撃的な演奏がなかなか格好いいですね。

本作のマイナスかなーって思うところは?

それほど感じさせるところはないですね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

カオティックなバンドはかなり聴き手を限定するとは思うのですが、Architectsも曲のあるバンドだと思うので、実は自分もそれほどArchitectsのことを追ってはいなかったものの、#2「Naysayer」のPVを初めて見てから本作のことに興味を持ち始め、本作をチェックした次第なんですね。実に格好良いカオティックなサウンドでびっくりしました。かなりメタリックなサウンドが聴かれるので過去のArchitectsファンにとってはどういう受け止め方になるんだろう?と気にしたりしましたが、メタルコア好きの自分は本作は「あり」でしたね。

映像

Gravedigger

評価

★★★★★★★★★☆ (9.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。