【メタルコア】Massacre Conspiracy 「Lost Holocaust」(2014)

スポンサードリンク

アルバムについて

マレーシア出身のメロディックメタルコアバンドのアルバム。

アジア系のメタルコアということで少々気になっていました。

サウンドだけ聴くとアジアのバンドとは気が付かないと思います。

ちなみにバンドショットは以下。

一見して分かりますが、うん、確かにアジア系だ。

でも、みてくれとはとは違ってなかなか良い感じでメタルコアナンバーを聴かせてくれていますよ。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.Inception (Intro)
02.Karma (Will Find You)
03.The Moment Of Truth
04.Nothing Can Stop Us
05.All Hope Remains Dead
06.Triangular Heart
07.Lost In The Oblivion
08.Obey (The Order)
09.Wasted Youth
10.Bloodless
11.Running In Fear

お気に入りの曲

03.The Moment Of Truth
04.Nothing Can Stop Us
05.All Hope Remains Dead
06.Triangular Heart
08.Obey (The Order)
11.Running In Fear

好きなところ

メタリックで硬質なメタルコアサウンドが実に格好良いです。勢いがかなりあってなかなか格好良いですね。

好きではないところ

特に目新しさを感じるところが少ないところでしょうかね。

説明

それほど目新しさを感じさせる要素は無いものの、アグレッシブで硬質なメタリック度数の高いテンションの高さが目立つメタルコアサウンドを演奏していますね。ブレイクダウンパートはちゃんと盛り込んでいるし、メタルコア特有のメロディにテンション高く疾走するパートもあるのでしっかりとツボは押さえている内容となっていますね。

本作のうりについて

テンションの高いサウンドにアグレッシブに展開するハードコア寄りのサウンド、縦ノリの軽快なアップテンポのパート、落とし込んでくる激しいブレイクダウンパートがきちんと押さえられているところが格好良い点ですね。案外メロディアスな要素が強かったりするので、十分メタルコアアルバムとしてアピール出来る内容となっていますね。テンションの高さが目立っているところが個人的にはポイント高いと思いますね。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#3「The Moment Of Truth」
#4「Nothing Can Stop Us」
#5「All Hope Remains Dead」
#6「Triangular Heart」
#8「Obey (The Order)」
#11「Running In Fear」

#3「The Moment Of Truth」

出だしからガツン!とかましてくる勢いのある曲は好きですね。とにかくぶちぎれんばかりに疾走するその勢いが聴いているこちらの胸を熱くさせてくれるのでめちゃくちゃテンションが上がりますね。2:00からこれまたガツン!とかましてくるザクザクとしたリフにブレイクダウンパートがこれまた格好良いんですよね。

スポンサードリンク

#4「Nothing Can Stop Us」

ガツンとかましてくるブレイクダウンパートが実に格好良いし、気持ちよく疾走するパートもこれまたノリが良く、素直に格好いいと思わせる部分が多いですね。

#5「All Hope Remains Dead」

出だしがメロデス風味の強いメロデス要素高めのパートで、ブレイクダウンを挟みつつ、テンション高くボーカルの熱い叫びと共に疾走するパートがなんとも熱いサウンドでなかなか格好良いですね。アルバム中盤で聴かれる女性ボーカルはDeadlockの女性ボーカルか。かなり似てますね。そういった意味ではDeadlockっぽさを感じるメタルコアナンバーといえるかもしれませんね。そして3:03で聴かれるブレイクダウンパートが実に格好いいですよ。メタルコア好きにはたまらなく刺激的なメタルコアサウンドです。

#6「Triangular Heart」

この曲も、曲の出だしから飛ばし気味に攻め立てるほどに熱いメロディックなメタルコアサウンドを聴かせてくれます。軽快に突き進んでいくそのサウンドが実に熱いですね。気持ち良く疾走してくれるところがなんとも格好良いんですよね。ライブではモッシュ必至と思われるほどに熱いサウンドです。

そして1:55でガツンとかましてくるブレイクダウンパートの格好良さも際立っていますね(3:31でもまた同じようなブレイクダウンパートが炸裂するんですけどね)。そしてギターが弾き出すうねりにも似たサウンドと共にこれまた疾走していくパートに、聴いていてまたまた熱くなってしまいます。

#8「Obey (The Order)」

おそらく一番ライブで盛り上がるんじゃないかというくらい勢いのあるテンションの高いパートから始まり、そのまま疾走していく様が実に格好良いです。実にテンション・勢いも最高潮に達しているかのような盛り上がりを見せていて実に格好良いですね。

2:29で一旦スピードを落としてからのブレイクダウンかましーのミドルテンポに展開しつつもまた軽快に疾走していくところなんてなかなか格好良いと思いますね。3:40で聴かれるギターソロもなかなか様になっていて良い感じです。

#11「Running In Fear」

3:43でガツン!とかましてくるブレイクダウンはちょっと「おっ!?」となってしまいました。いや格好良いって意味ですよ。

本作のマイナスかなーって思うところは?

それほどマイナスと思うような点は無かったのですが、あえて挙げるなら、目新しさがあまり感じられなかった点で無難な出来栄えといった感じですが、決して悪い出来ではないです。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

先述したとおり、メタルコアアルバムとしては良く出来ているとは思います。目新しさを感じさせないところが気にはなりますが合格点は付けられる出来栄えだと思いますね。数多く存在するメタルコアのアルバムとしては埋もれてしまいそうな作品だと思ったので、レビューに取り上げてみました。

映像

Bloodless

評価

★★★★★★★☆☆☆ (7.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。