【デスコア】Humaniac 「Abandon The Eternity」(2014)

スポンサードリンク

アルバムについて

ロシアはモスクワ出身のデスコアバンドのアルバム。
メンバーは二人かな?プロジェクトって言ったほうがいいのかも?

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.Spirals Of Entity
02.The Inevitable Rising
03.Amass The Rage
04.Cage, Caste, Competition
05.Human Essence
06.Dark Path Of Liberation
07.The Uroboros
08.My Only Friend
09.Sounds Of Solitude

お気に入りの曲

01.Spirals Of Entity
02.The Inevitable Rising
03.Amass The Rage
04.Cage, Caste, Competition
06.Dark Path Of Liberation

好きなところ

速い。上手い。ブルータル。

好きではないところ

アルバムの後半は少々落ち着いているのでちょっと物足りないかな・・・と。

説明

なんというかデスコアなんだけれども非常にテクニカルな演奏を聴かせてくれるのですが、非常にブルータルな要素が強いのでブルデス要素が強い作品だと言えます。どうも#1「Spirals Of Entity」がWithin The Ruinsっぽく聴こえてならないんですよね。これには本当にびっくりなのですが・・・でもアルバム全体ではWithin The Ruinsっぽさはあまり感じられなく、一部だけなんですがね・・・。

と思えば、The Berzerkerみたいなサイバーグラインドっぽい曲(#3「Amass The Rage」のことね。)もあったりと・・・統一感を感じさせないなんとも自由な内容となっています。しっかし・・・演奏技術は相当レベル高いですよ。まあレベルの高いバンドはごまんといますが、このバンドの演奏レベルも尋常じゃないんですよ。とにかくインパクトが強烈過ぎて・・・なんというか行き急いでいるって感じ?とにかく急かされているような、落ち着きのない曲が多いアルバム・・・というとなかなか上手く伝えづらいのですが、とにかく慌しいアルバムです。

本作のうりについて

とにかく速いって事がまず第一にありますね。とにかくズドドド!!と激走するところがなんとも気持ちいいんですよね。その暴れっぷりは聴いていて実に爽快なんです。

そしてただ速いって事だけではなく、ギターのソロパートが結構多く、そしてかなり叙情的で速弾の泣きのギターが実に印象的なんですね。相当このギターは上手いですよ。ただブルータルなデスコアという訳ではなく、演奏技術が尋常じゃないほどレベルの高いものです。いやー凄まじい!

ちなみにギターの人は7弦ギターを使っている模様。凄過ぎる!

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「Spirals Of Entity」は外せないでしょうね。
そして#2「The Inevitable Rising」。
#3「Amass The Rage」
#4「Cage, Caste, Competition」
#6「Dark Path Of Liberation」

01.Spirals Of Entity

ピアノの静かなSEで始まりますが、0:27で突如デスコアパートへ展開し、ブラストするドラムの格好良さに圧倒されてしまいます。にしても、このパートがWithin The Ruinsっぽいんですよ。これはちょっとびっくりですが、これはこれで良しとして、とにかくブルータルにけたたましく暴れつつ、テクニカルな演奏を聴かせ、メロディアスなギターソロが飛び出すなかなか聴き応えのあるナンバーとなっています。

スポンサードリンク

ちなみに、ギターソロ明けの2:53からのテクニカルな演奏パートは必聴です。

02.The Inevitable Rising

ギターが軽快に泣きながらも疾走する速い曲です。テクニカルなパートも出てきて一筋縄には終わらない複雑な展開のパートを織り交ぜながら突っ走っていく展開を見せるところがなかなか格好良いですね。

03.Amass The Rage

この曲は、先述したとおり、サイバーグラインド的なThe Berzerkerを彷彿させるインダストリアル色を取り入れたブルータルなナンバーです。かなりブルータルなのでとにかくその激しさに圧倒されてしまいそうですが、The Berzerkerが好きな人にとっては受け入れられる曲だと思います。なぜこういう曲を考え付いたのか、他の曲とは趣きが少々異なるため、少し戸惑うかもしれませんね。まあブルータルで格好いいんですけどね。

04.Cage, Caste, Competition

もうのっけから激烈に爆走するナンバーでとにかく速いです。これくらい速いとめちゃくちゃ興奮しますが、とにかくブルータル度数は尋常じゃないほど高いですね。ドラムの速さが特に凄まじいです。ギターの暴れっぷりもなかなか格好良いです。突っ走りながらもそのスピードにあわせてピロピロ泣きまくるギターが凄いです。

06.Dark Path Of Liberation

少々ブレイクダウンパートが使われていて結構ヘビーなナンバーに仕上がっています。まあ疾走パートへとすぐに雪崩れ込んでしまうんですけどね。この曲もなかなかの暴れっぷりで格好いいんですよね。ドラムの暴れっぷりが実に格好良いです。

本作のマイナスかなーって思うところは?

アルバムの後半は少々ゆったりしたミドルテンポの曲が目立つため少々物足りなさが残りそうです。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

とにかくブルータルで爆走パートもありのかなり激しいブルデス色の強いデスコアサウンドが聴けるアルバムなので、とにかく激しい曲が聴きたいという人にはお勧めのアルバムです。そして何より演奏技術の高さは本当に凄まじくて、ギターの演奏なんかはとにかく速くてテクニカルで凄まじいことになっています。ただブルータルなだけではなく、とにかく技術のレベルが高いからこそこれほどまでに早い演奏を破綻せずに演奏することが出来るんだと思います。まあ#1「Spirals Of Entity」の出だしがWithin The Ruinsっぽく聴こえるのはご愛嬌ってことで・・・。

とにかく凄いアルバムなんだなって事は分かりました。

映像

Spirals Of Entity

Amass The Rage

Cage, Caste, Competition

評価

★★★★★★★★☆☆ (8.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。