【デスメタル】Illdisposed 「With The Lost Souls On Our Side」(2014)

スポンサードリンク

アルバムについて

デンマークはオーフス出身のデスメタルバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.Going Down
02.The Way We Choose
03.Light In The Dark
04.I Am What I Am
05.Tugging At Your Heart
06.A Dreaded Pursuer
07.To Be Dealt With
08.On A Clouded Morning
09.No More Devil To Show
10.The Plan

お気に入りの曲

02.The Way We Choose
06.A Dreaded Pursuer
07.To Be Dealt With
08.On A Clouded Morning

好きなところ

過去の作品を踏襲し続けているところ。

好きではないところ

目新しさが少し欲しかったかな・・・。

説明

このバンドも息が長いですねー。結成が1991年でベテランにもかかわらず近年はコンスタントにアルバムをリリースしている活発的なバンドで、作る曲はまあ相変わらずというか、少々モダンなインダストリアルテイストを少々感じさせる作風は本アルバムでも踏襲されており、Illdisposed節というべきか彼らのサウンドスタイルはほぼ変わっていないですね。ただし、これと言って目新しさが無いのが玉に瑕なんですけどね。

本作のうりについて

やはり過去の作品同様にモダンな印象を受ける相変わらずな硬質のインダストリアル風味を少々漂わせる雰囲気の演奏に、唯一のオリジナルメンバーでもあるBo Summerの籠ったような独特のグロウルスタイルのボーカルが乗るといったスタイルは本作でも変わる事が無いところですかね。ある意味頑固なバンドであるといえますが、既に10枚以上リリースしている老舗バンドだけに、サウンドにどこか頑固さのような信念に基づいて作られたアルバムであるような気がします。

実際のところまだ生き残っているだけでも嬉しさはこみ上げてきちゃうんですけどね。なにせ過去に1枚だけRoadrunnerから国内盤がリリースされてからまたアンダーグラウンドに戻るというちょっとした寂しさを感じつつ、地道に活動し続けるその姿に格好良さを感じてしまうんですよね。まだまだ活動を続け、アルバムをリリースし続けて欲しいと願うばかりです。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#2「The Way We Choose」
#6「A Dreaded Pursuer」
#7「To Be Dealt With」
#8「On A Clouded Morning」

スポンサードリンク

#2「The Way We Choose」

出だしが重厚かつヘビーな気だるさを帯びたパートから始まるも、途中からアップテンポのデスラッシュパートに流れ、勢いを増しながら疾走していく展開が格好いいですね。少々ブラストしながら疾走するところもなかなか悪くないです。スラッシーなザクザク刻むギターも実に格好いいですね。

#6「A Dreaded Pursuer」

この曲についても、曲の出だしはスロー&ミドルテンポで展開しつつも、デスラッシュパートへと雪崩れ込み疾走していく様がなかなか格好いいですね。少々スローダウンするパートもありますが・・・。

#7「To Be Dealt With」、#8「On A Clouded Morning」

曲の出だしから疾走するナンバーでデスラッシュパートの格好良さがかなり光っています。なかなか格好いい曲を書くもんだなと少し感心してしまいました。そして勢いは#8「On A Clouded Morning」でも続き、ブラストパートも飛び出くので、#7「To Be Dealt With」~#8「On A Clouded Morning」の流れが本作の一番の盛り上がりポイントなのかも知れませんね。#8「On A Clouded Morning」の中盤で聴かれるザクザクとした硬質なギターリフはなかなか格好良いと思いますね。

本作のマイナスかなーって思うところは?

やはりオールドスクール色が少々強いので結構好みが分かれるかも。過去の作品からのファンであれば満足できるとは思いますけどね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

息の長いバンドだけにねた切れも考えられると思いながら本作に臨んだわけですが、正直目新しさを感じる部分は無く、無難な出来栄えだなと思いました。それは良くも悪くもどちらとも捉えられる意味で、過去の作品をあくまで踏襲しているに過ぎないと思いました。まあ完成度は安定しているし、今までのスタイルを崩さない姿勢は好意的に捉えているものの、驚きがあまり無いとも言える内容だと思います。

Illdisposedを初めて聴く人はどう本作を捉えるんだろう・・・?個人的には変に変わる事無くアルバムをリリースしたことに安心感を感じていますけどね。Illdisposedファンには満足して貰える内容だとは思います。

映像

Album-Full

評価

★★★★★★★☆☆☆ (7.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。