【メタルコア】Devil You Know 「They Bleed Red」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

アメリカはカリフォルニア州ロサンゼルス出身のアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Consume The Damned
02. The Way We Die
03. Your Last Breath
04. Stay Of Execution
05. Break The Ties
06. Shattered Silence
07. Let The Pain Take Hold
08. Master Of None
09. Searching For The Sun
10. How The End Shall Be
11. Broken By The Cold
12. Eye Of The Tiger (Bonus Track)
13. I Am Alive (Bonus Track)
14. We Live (Bonus Track)

お気に入りの曲

01. Consume The Damned
02. The Way We Die
04. Stay Of Execution
06. Shattered Silence
07. Let The Pain Take Hold
10. How The End Shall Be

好きなところ

アグレッシブな曲が格好いいところ

好きではないところ

少々冗長に聴こえる曲があるところかな。

説明

非常にソリッド感の強いエッジのきいたメタルコアなサウンドに聴こえました。まあ今更Killswitch Engage(以下KsE)の名前を引き合いに出すのはいかがかなとは思いましたが、どうしてもKsEのことが頭に出てきてしまうんですよね。正直言うと、KsE近い印象を受けたのは事実。これは正直に言っておきますね。

攻撃的な面ではKsEにも近い印象。前作「The Beauty Of Destruction」が気に入っている人なら満足のいく出来だと思いますよ。ハワード・ジョーンズがまたボーカルを執っている点も嬉しいですし、やっぱりこの人のビブラートのきいたスクリームは実に魅力的で印象強さをこの作品からも感じさせてくれています。やっぱりいい声だな、って思っちゃいますね。

攻撃的かつメタリック。それでいてメロディアスな要素が強い良作

再びDevil You Knowが新作を出すことになり、前作の出来から期待は高かったですけど、その期待に応えてくれるいい作品だと思います。ソリッド感が強く、メタリックな攻撃的サウンド、そしてその攻撃的な面だけでなく、メロディアスなパートも上手く被せてきてくるあたり、さすが楽曲のつくり方は手慣れたもので、メタルコアが好きな人には十分唸らせてくれる内容ばかりの曲で嬉しいですね。

個人的には攻撃的な要素が強い点ですね。ミドルテンポでじっくり聴かせてくるパートもあるにはあるけど、それは二の次でやはりアグレッシブなナンバーが充実している点が印象的ですね。

攻撃性は強めながらもメロディアスなパートを上手く融合させている点が評価できる

例えば#4「Stay Of Execution」なんてブラストパートが出てくるもんだからこれはちょっと穏やかじゃないなと思ったわけなんですね。#6「Shattered Silence」も出だしの激しさは相当インパクトありますし。ただし、曲の中に占めるミドルテンポのパートが少し目立つかな?と思わせながらも、不意打ちに攻撃的な演奏を聴かせてくれるのが嬉しいですね。

そして、じっくりと愁いを帯びたメロディアスなギターがいい味出しています。攻撃的なパートだけでなく、メロディアスな部分にもこだわりを感じさせるのはポイント高いと思います。

もう少し爽快感が欲しいかなとは思う

攻撃的なパートが出ては来るものの、結構ミドルテンポのパートも出てくるのが正直どう評価したらいいんだろう…ちょっと冗長にも聴こえてしまうのがもどかしいと思いました。そりゃあ緩急付けた構成に作られているんですけど、攻めるなら最後まで攻め立てるような爽快感が欲しかったかな。ヘビーなパートも、ズーンとした空気だけではちょっと物足りないかな…。

スポンサードリンク

ハワード・ジョーンズのクリーントーンパートの歌声は美しいですね

哀愁さえ感じさせる力強い歌声のハワード・ジョーンズの歌声は惚れ惚れしちゃいますね。悲しみに満ちた訴えかけてくるようなその切ない歌声はさすがの一言です。思わず聴き入ってしまうほどに魅力的ですね。

メタルコアのアルバムとして充実した内容となっていることは確か。

少々ミドルテンポのパートにより爽快感が削がれる気がするのが気にはなりましたが、メタルコアという音楽の魅力が十分に詰め込まれている点は評価したいですね。#1「Consume The Damned」に#6「Shattered Silence」、#10「How The End Shall Be」のようなガツン!とくるようなインパクトのあるアンダーグラウンド臭の強いナンバーは素直に格好いいと思いましたし、ハワード・ジョーンズの歌声も素晴らしいですね。良い作品です。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「Consume The Damned」
#2「The Way We Die」
#4「Stay Of Execution」
#6「Shattered Silence」
#7「Let The Pain Take Hold」
#10「How The End Shall Be」

#1「Consume The Damned」

いいですねー!アグレッシブな曲の出だしにガツンとやられちゃいました。しびれるほどに攻撃的な曲の出だし、そしてブレイクダウンパートをかましてくるヘビーなパート。さらに疾走感を感じさせる軽快なアップテンポのパートは実に格好良くて好きですね。

#2「The Way We Die」

ヘビーでザクザクと刻むようなアグレッシブなギター、そしてメロディアスなギターの存在感が素晴らしいですね。ミドルテンポのパートが目立ちますが、十分アグレッシブで格好いいと思います。

#4「Stay Of Execution」

ブラストパートが一部使われているところにびっくり。スタスタスタと暴れるドラムにもさらに驚きを隠せない。ほかの曲とは少々印象が異なるドラムの激しさが目立つナンバー。難解でテクニカルなギターの存在も光る、格好いいナンバーです。

#6「Shattered Silence」

この曲もアグレッシブでいいですね!ブルータルに展開するパートが印象的です。その激しさが実に格好いいんですよね。デスメタルっぽさを感じさせるほどにギターのリフの悪意ある感じが好きですね。

#7「Let The Pain Take Hold」

とにかくハワード・ジョーンズの歌のうまさを十分に堪能できるバラードナンバーです。本当に惚れ惚れしますよ、この声には。。

#10「How The End Shall Be」

いきなりアグレッシブ!疾走感を感じさせるその激しさ、切れのあるリフの鋭さが実に格好いいですね。この激しさこそ私が欲していたサウンドなんですよね。

本作のマイナスかなーって思うところは?

ミドルテンポのパートがちょっと冗長かなと思いました。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

メタルコアのアルバムとしては実に楽しめる作品だと思います。前作「The Beauty Of Destruction」が楽しめた人、ハワード・ジョーンズの歌声が好きな人も是非お勧めしたいアルバムです。

映像

Stay Of Execution

評価

★★★★★★★★☆☆ (8.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。