【デスコア】We Rise The Tides 「Death Walks」(2014)

スポンサードリンク

アルバムについて

アメリカはオレゴン州ポートランド出身のシンフォニックデスコアバンドのミニアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.Mortification
02.Five Months
03.Creator
04.Flesh And Blood
05.Pins & Needles
06.For The Worst
07.Worthless

お気に入りの曲

02.Five Months
07.Worthless

好きなところ

#2「Five Months」で見られるえぐいほどのブレイクダウンパートが実に格好いいところ。

好きではないところ

後半少々飽きが来てしまうところですかね。

説明

シンフォニックなブラックメタルっぽいかと思いきや、デスコアアルバムでした。シンフォニックなサウンドをデスコアサウンドに上被せした作風が特徴的で、ベースはあくまでデスコアなので、デスコア好きには安心して最後まで聴き続けられる内容に仕上がっています。まあつまりは「シンフォニック+デスコア」と言ったスタイルのサウンドと言うことです。

本作のうりについて

なんといっても、本作がシンフォニックなサウンドとデスコアサウンドの融合された形であるところですね。シンフォニックな部分が苦手だって言われると困っちゃいますが、ブルータルなブレイクダウンも使われているデスコアサウンドはなかなか格好いいですよ。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#2「Five Months」
#7「Worthless」

スポンサードリンク

02.Five Months

基本となるデスコアサウンドがしっかりと作り込まれているし、結構ブルータルな要素もあるし、それがなかなか格好いいんですよね。あくまでデスコアサウンドとしては十分に格好よくて、ブルータルなブレイクダウンパートも飛び出してくるので、格好いいナンバーに仕上がっていると思います。ガツガツと削ってくるようなブレイクダウンがクールで格好良いんですよね。

07.Worthless

1:46でガツン!とかましてくるブレイクダウンパートもなかなか格好良いですね。2:42で展開されるちょっと変わった怪しげな(格好いいかそうでないかは、前者なのですが)ギターソロとともにかましてくるブレイクダウンパートも是非聴いて欲しいです。

本作のマイナスかなーって思うところは?

少々地味な印象が拭えないところですかね…。インパクトを感じさせる曲がそれほどないのがもどかしいです。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

デスコアサウンドにシンフォニックな要素を掛け合わせた作風であるところがなかなか面白いアルバムだと思います。少々インパクトに欠けるところがもったいないかなと…。聴きやすい作品であるとは思うんですけどね…。もう少し暴れて欲しいかなと思える作品でした。

映像

Pins & Needles

評価

★★★★★★★☆☆☆ (7.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。