【メタルコア】I, Omega 「Transients」(2014)

スポンサードリンク

アルバムについて

アメリカはカリフォルニア州アップランド出身のテクニカルメタルコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.Conflict Absolution (Act. I)
02.An Evening With Morning Star (Act. Ⅱ)
03.Shuddering At Calm Seas
04.Suffer Now And Live
05.Half Way Home
06.The Rustling
07.Pyrite
08.Fake Somebodies: Real Nobodies
09.Shaking Hands With Sinatra
10.En Longa Somnum (Act. Ⅲ)

お気に入りの曲

01.Conflict Absolution (Act. I)
02.An Evening With Morning Star (Act. Ⅱ)
03.Shuddering At Calm Seas

好きなところ

・テクニカルに攻めるアグレッシブなサウンドが良い感じです。

好きではないところ

・少々聴いていてされてくるところがある点ですかね。

説明

完全なるProtest The Heroフォロワーバンドで、テクニカルなメタルコアかつボーカルがめちゃくちゃProtest The Heroに似過ぎって言うくらい似ていますね(まさか別部隊のバンド?)。とはいえただ似ているからあーだこーだ言うつもりは無いのですが、とにかく技巧派的なテクニカルな作風がこれまた格好いいんですよね。

いいものはいいとここは勇気を振り絞って言い切ってみたいと思います。(笑)まあフォロワーバンドって言うのはネガティブに捉えかねないところもあるのですがね。個人的にはこの作品はありだと思っています。だって聴き応えはあるし、実に楽しめるほどに充実した作品であるのだから。

本作のうりについて

とにかく泣きまくりかつ弾きまくり(これは当たり前か。)のときにピロピロ言い出す(怒られそうな表現ですけど・・・)、とにかく忙しいギターにアップテンポで疾走する展開のパートで押し切る曲が幾つか存在しているところがなかなか悪くないんですよね。その「急いでいる」という表現はなかなか伝わりにくいんですが、ギターの泣き具合がとにかく急いでいる感じでどこか落ち着かない感じ。

本作はギターの演奏にご注目って感です。Protest The Heroの演奏もどこか急いでいる印象があった気が・・・そういう意味でProtest The Heroを想像しつつ、同じように急いでいるイメージを持って貰えると少しは分かるかな。とかなんとも煮え切らない表現で語ってみました。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

スポンサードリンク

#1「Conflict Absolution (Act. I)」
#2「An Evening With Morning Star (Act. Ⅱ)」
#3「Shuddering At Calm Seas」

#1「Conflict Absolution (Act. I)」

ショートレンジのイントロ扱いのナンバーですが、のっけからメタルコア風のブレイクダウンパートを使い、そこにピロピロしているギターが被さりなかなかテンションのあがるナンバーですね。

#2「An Evening With Morning Star (Act. Ⅱ)」

出だしのピアノの美しさから一転いきなり疾走しだすテンションの高いナンバーです。この曲が実にProtest The Hero風な印象を受けるんですよね。なかなか曲の展開もストレートと思わせて聊か複雑なリズムチェンジを繰り返す曲者的なナンバーで、案外聴き応えのある曲とも言えますね。

#3「Shuddering At Calm Seas」

のっけからテクニカル度数の高い変態級の技術面ではレベルの高いナンバーで、疾走しながらもギターはとにかく忙しくメロディを撒き散らし、Protest The Heroっぽさをこの曲でも聴かれます。とにかく落ち着け!と言いたくなるくらいギターは忙しいです。

本作のマイナスかなーって思うところは?

少々後半だれるかなーと思わせるほどアルバム前半が充実している印象を受けますね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

Protest The Heroの名前をやけに使ってしまいましたが、似ている面だけでこのアルバムを印象付けるのはもったいないので、もっと掘り下げて聴き込む必要はあると思いましたが、とにかくテクニカルな技術的レベルがかなり高く、聴き込んでみると結構凄いことをやってるかと思います。

演奏技術が高いが故に、テクニカル要素への意識の高さも窺え、それが返って聴き手を限定していないだろうかと心配になるくらいです。あまりにテクニカルになり過ぎるととっつきにくさも出てくるので、その点が少々気にはなりましたが、本作の完成度が高いので是非テクニカルなメタルコア好きの人に聴いて欲しいと思います。

映像

An Evening With Morning Star (Act. Ⅱ)

評価

★★★★★★★☆☆ (7.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。