【メタルコア】War Of Ages 「Supreme Chaos」(2014)

スポンサードリンク

アルバムについて

アメリカはペンシルベニア州エリー出身のメロデス風味をサウンドを多く取り入れたハードコア色も匂わせるメタルコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.From Ashes
02.Lost In Apathy
03.Doomsday
04.Chaos Theory
05.Lionheart
06.On Broken Wings
07.Amber Alert
08.Renegade
09.Ecstacy
10.Still Small Voice

お気に入りの曲

01.From Ashes
02.Lost In Apathy
04.Chaos Theory
05.Lionheart
07.Amber Alert
09.Ecstacy

好きなところ

・メタルコア色とメロデス色を上手く融合させた硬質なメタリックなサウンドが格好いいところ。

好きではないところ

・少々落ち着きすぎてるかなと思えてしまうところ。

説明

本作もメロディアスなメロデス風味色濃い作風のアルバムだなという印象を受けました。そしてタフなハードコア寄りのメタルコアサウンドが融合されたサウンドである仕上がりも過去の作品から相いも変わらずな印象です。非常に安定感を感じさせ、実に成長してステップアップしてきてるという印象を、本作を聞き込んでいるうちにその充実振りが窺えます。もうベテランバンドといっても差し支えないのではと思いますね(もう7枚もアルバムを出しているし。)

本作のうりについて

非常にメロディアスで、そのメロディの良さが非常に光っていて、かつ硬質でクールなメタルコアサウンドが本作に多く収められているところですかね。やはり演奏が上手いからこそ安定した曲作りが出来るのでしょうね。そう思わずにはいられないほど、曲の完成度の高さを感じさせる出来栄えです。メタルコアアルバムとしては十分に格好良いし、かつメロディの質の高さが光るアルバムに仕上がっています。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「From Ashes」
#2「Lost In Apathy」
#4「Chaos Theory」
#5「Lionheart」
#7「Amber Alert」
#9「Ecstacy」

#1「From Ashes」

非常にメロディアスながらもメタルコア色の強い印象を受けるナンバーで、ギターソロの叙情性は非常に高く、ドラマティックな展開を見せる後半での盛り上がりに注目して欲しいですね。

#2「Lost In Apathy」

疾走感溢れる前半での爽快感、中盤でのヘビーなメタルコアサウンドにばっきばきのブレイクダウンパート、そしてメロディアスなメロデス風味のサウンドと、ツボを抑えた安定感のあるナンバーで、今までWar Of Agesのアルバムを聴き続けてきた私を安心させる完成度の高いナンバーに仕上がっています。

スポンサードリンク

#4「Chaos Theory」

軽快なテンポで進んでいくパートが印象的で、出だしからその軽快さで曲が進んで行き、突然スタスタスタ!とつぱしる疾走パートへと雪崩れ込んでいく様が実に格好良くて、是非1:02あたりは注目して聴いて頂きたいです。もちろん泣き上げるほどに美しく奏でるギターソロも聴き所の一つとなっていますね。

#5「Lionheart」

出だしが少々気だるさを感じさせるミドルテンポで展開されるメタルコア色の強いパートで始まり、中盤での悲しみに満ちたメロディアスなパートが印象的で、ヘビーなメタルコア色のパートにメロディアスなギターが泣きながら曲を構成している点がこの曲の聴き所となっていますね。2:46からの、溜めて溜めてガツン!と落とし込んでくるブレイクダウンパートが実に格好良く、その後にこれまた非常に叙情性の高いメロディアスなギターソロを炸裂してくるあたりはさすがベテランといっても差支えが無いほどにキャリアを積んできたバンドだからこそなし得るものだと少々感心してしまいました。

#7「Amber Alert」

KsEやShadows Fallっぽさを感じさせる、いかにMAメタル風なメタルコアナンバーで、聴いていて胸が熱くなってしまいましたよ。ガツン!くる格好いいブレイクダウンパートは聴いていてやっぱり痺れるし、曲作りがなんともクールなんですね。こういう曲をさも小慣れたように作ってしまうあたりがさすがだなーと思ってしまいますね。

#9「Ecstacy」

ブレイクダウンパートを少し多めに盛り込んだ曲で、ヘビーなパートでガツンとくる様がなんとも格好いいです。そして熱く男臭く歌い上げるコーラス部分がなんとも格好いい。「オーオ~オーオ~。」と歌い上げるところにこの曲の格好良さを感じますね。そして2:20でぶち込んでくるメロディアスなギターソロも素晴らしいですし、2:51でここでまたかましてくるか。と驚きのブレイクダウンパートが実に格好いいです。

本作のマイナスかなーって思うところは?

安定感は非常にあるのですが、少々落ち着きすぎているような気もして、もう少し突き抜けたインパクトのある曲が欲しかったかなと思いました。

例えば4thアルバムの「Eternal」収録の#2「Desire」みたいな曲・・・いやそれは無理な話か。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

さすがとも言える完成度である本作ですが、非常に安定感を感じさせる充実した仕上がりとなっていますね。メタルコアサウンドと、メロデス色を強く反映させた今までの路線と変わらず実にいい成長を遂げているなと思わせるほど本作の出来栄えは良好ですね。War Of Agesファンを満足させる十分な出来栄えなのでお勧めしたいアルバムだし、少々メロディアス色が強いですがメタルコアが好きな人にもお勧めしたいアルバムです。

映像

LionHeart

評価

評価:★★★★★★★★☆☆ (8.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。