【トランスコア】Turmion Katilot 「Technodiktator」(2013)

スポンサードリンク

アルバムについて

フィンランドはクオピオ出身のインダストリアルサイバーメタル/トランスコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.Silmat Sumeat
02.Antaa Palaa
03.Nimi Kivessa
04.Pyha Maa
05.Jalopiina
06.Elava Koneeksi
07.Rehtori
08.Золото
09.To Be Continued Act 1

お気に入りの曲

01.Silmat Sumeat
02.Antaa Palaa
04.Pyha Maa
06.Elava Koneeksi

好きなところ

もうテンション上がりまくりなところ。

好きではないところ

少々落ち着いたような印象の曲があるところ。

説明

インダストリアルの要素に彩られたアップ系のハイテンションなエレクトロサウンドが格好いいアルバムですね。結構ノリのよい、クラブでも使えそうなパートが多い曲で構成されているアルバムです。KMFDMっぽい作風がなんとも印象的です。

本作のうりについて

前述しましたが、KMFDMのフォロワーのバンドという印象で、インダストリアルなメタリックサウンドが本作の一番の売りで、聴いていてかなり楽しいアルバムです。ノリノリの曲が多いので気持ちを上げたい時に聴くと良いですね。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「Silmat Sumeat」
#2「Antaa Palaa」
#4「Pyha Maa」
#6「Elava Koneeksi」

#1「Silmat Sumeat」

もうね、#1「Silmat Sumeat」でガツンとやられましたよ。アップテンポのめちゃくちゃハイテンションでしかもノリが最高に良くてクールなんですね。もうライブで暴れたくなるほど体がうずうずしちゃうほど最高にテンション上がりまくりますよ。そして何よりインダストリアル要素が強いのと同時に、意外なことにかなりメタリックな硬質なサウンドを聴かせてくれるところなんです。個人的にこの作品が(というかTurmion Katilotが作る曲が)結構メタリックだったりするんですけど、なかなか格好良いですね。

スポンサードリンク

#2「Antaa Palaa」

ミドルテンポのパートが中心ですが、やっぱりアゲアゲなパートが多いですね。。。ノリがよくてライブでは相当盛り上がるんじゃないでしょうかね。。

#4「Pyha Maa」

曲の出だしがメロディアスなシンセで展開され、ミドルテンポ~アップテンポの構成でこの曲も実にテンションの上がる曲です。縦ノリのライブで一緒に盛り上がりたいと思わせるクールなナンバーです。

#6「Elava Koneeksi」

曲の初めからもうかなり突っ走ったような勢いのあるパートで、この曲もまた相当テンション上がる系のサウンド。実にその疾走パートから感じるドライブ感は是非味わって欲しいと思わせる格好いいナンバーですね。。

本作のマイナスかなーって思うところは?

アルバムの中盤に落ち着いたような印象の曲があるところが、ちょっとだけ物足りなさを感じてしまいますね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

相当アップ系のハイテンションな曲が多く、インダストリアルなサウンドが実に聴いていて気持ちよさを感じさせてくれます。本作を聴いているとテンションが否が応にも上がってしまいます。このくらい突き抜けてくれたほうが聴いているこっちも楽しくてしょうがなくなります。気持ちを上げたいという時に本作は是非お勧めの一枚だと思いますよ。

映像

Silmät Sumeat

評価

評価:★★★★★★★★☆☆ (8.0)

スポンサードリンク
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。