【メタルコア】In Her Own Words「Brand New Me」(2010)

スポンサードリンク

アルバムについて

アメリカはカリフォルニア州ロサンゼルス出身のポップパンク、メタルコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Brand New Me
02. No Suits, Just Shants
03. We Fight!
04. Dream.Sleep.Repeat
05. Headed For Splitsville
06. Rayman Always Wears Raybans
07. Cinco De Mayo
08. Underdoggy Style
09. Don’t Give It Up

お気に入りの曲

03. We Fight!
04. Dream.Sleep.Repeat
05. Headed For Splitsville
06. Rayman Always Wears Raybans
08. Underdoggy Style

好きなところ

・アップテンポのパート、ブレイクダウンパートの格好良さ、などです。

好きではないところ

・軽快に疾走するパートが個人的にはちょっと苦手かな(あくまで個人的意見です。)

説明

軽快なテンポに少々高い声のクリーントーンボーカルとグロウル型のボーカルで曲が疾走していくノリのよい曲が目立つアルバムだな、って思ったのが最初の印象。激しさはそれほど強くなく、明るく元気にテンポ良く曲が流れていく印象ですね。

ポジティブな、若い印象を受けるサウンド作りで活きがいいなーって思いました。メタルコア好きの私としてはちょっと畑が違うような気もしますが、メタリックだったりブレイクダウンの挿入を見るに聴きこんでみるにはぎりぎりセーフといった感じです(たとえば#3「We Fight!」や#5「Headed For Splitsville」

#6「Rayman Always Wears Raybans」などはクールなブレイクダウンパートが使われていてこれがなかなか格好良い)。もう少し前に聴いていたらちょっと敬遠していたかも…なんてことは言ってはいけないかもしれませんが…あまりパンクっぽさを感じさせるサウンドは私に向いてないもので…。いや食わず嫌いはいけないですよね。個人的にメタルコアっぽいパートのところは格好良く聴こえるのでありといえばありですね。

本作のうりについて

先述したとおり、軽快なエモさやパンク的な要素が感じられてノリのよいサウンドが好きな人には好まれるサウンドをしていると思います。

その点がベースとなり、調味料的にブレイクダウンパートやメタリックなサウンドを塗したような印象なので、メタルコアサウンドが好きな人にどうアピールできるか…ちょっと好みが分かれるかなと変なことを考えてみたりノリがよいのでドライブしながらこのアルバムを流すと気持ちよく運転できそう、そんな印象を受けます。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#3「We Fight!」
#4「Dream.Sleep.Repeat」
#5「Headed For Splitsville」
#6「Rayman Always Wears Raybans」
#8「Underdoggy Style」

スポンサードリンク

#3「We Fight!」

軽快に疾走するテンションの高い印象を受けるナンバーで、かなりポジティブで印象的な仕上がりになっていますね。疾走するパートとは別に1:28でゴリゴリのメタリックなパートが割り込み、1:41でさらにブルータルなブレイクダウンパートが飛び出し、曲の激しさを強めています。その後はまた爽やかでポジティブなパートへと展開していくんですけどね。

#4「Dream.Sleep.Repeat」

出だしメタリック要素が強めのナンバーです。そして軽快なアップテンポへと進んでいくわけですが、このキャッチーさはさすがと言ったところで、聴いていて楽しくなってしまいますね。曲の最後の最後の3:14あたりでヘビーなブレイクダウンパートで締めるところもなかなか面白いです。

#5「Headed For Splitsville」

曲の中で、ヘビーなパートの割合が大きいです。他の曲と比べてもその割合が高いんですよね。ヘビーでゴリゴリの硬質なブレイクダウンパートが実に格好良くて、メタルコア好きな人に勧めるとしたらこの曲かなって思ってます。

#6「Rayman Always Wears Raybans」

この曲も気持ちよく出だしから軽快に疾走していくナンバーですが、疾走パートは本当にポジティブな印象を受けるのですが、1:02でガツンとぶち込んでくるブレイクダウンパートとグロウル型のボーカルの咆哮がまた実に格好良いですよね。その後はまたポジティブな軽快パートに戻るのですが、メタリックなパートが強めに使われているところがかなり好きです。

#8「Underdoggy Style」

少々ブルータルな出だしで、ブレイクダウンパートが続きながら激しく攻め立てるさまがなかなか格好良いです。疾走パートはその後に続きますが、さらにブレイクダウンパートが使われていて、アルバムの中でもこの曲がダークでヘビーな激しい曲だと思いますね。

本作のマイナスかなーって思うところは?

軽快なナンバーが並ぶ中、その軽快さを気に入るかどうか、好みが分かれるような気がしますね

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

軽快なナンバーが並ぶ中、メタルコア要素もいくつか見られ個人的には楽しめたアルバムでした。多くを求めるには無理があるかもしれませんが、スクリーモやパンク寄りのサウンドが好きで、ブレイクダウンも使われるメタルコアサウンドが好きな人には楽しめるアルバムなのかもしれません。

映像

Brand New Me

評価

評価:★★★★★★★☆☆☆ (7.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。