【デスコア】The Black Dahlia Murder 「Abysmal」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

アメリカはミシガン州デトロイト出身のデスコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Receipt
02. Vlad, Son Of The Dragon
03. Abysmal
04. Re-Faced
05. Threat Level No. 3
06. The Fog
07. Stygiophobic
08. Asylum
09. The Advent
10. That Cannot Die Which Eternally Is Dead

お気に入りの曲

01. Receipt
02. Vlad, Son Of The Dragon
03. Abysmal
05. Threat Level No. 3
06. The Fog
08. Asylum
09. The Advent

好きなところ

勢いやブルータルな要素が強烈すぎて格好良いところ。

好きではないところ

ないですね。

説明

相変わらずのBalckenedなデスコアナンバーを演奏しているサウンドは何も変わることはないですね。どぎついデスコアサウンドはもちろんのこと、激烈な突撃ナンバーの数々は容赦なく聴き手に襲い掛かり、凄まじい勢いで最後まで突っ走っていきます。メロデス風のサウンドをまぶし、それでいてとことんブルータルなデスメタリックなサウンドには一切迷いがないというか、どこまでも激しく攻め立てるその凄まじさに、とにかく圧倒されます。

デスコアサウンドのの暴虐性と程よく塗されたメロディの絶妙なバランスが曲の格好良さを引き立てています。激しいことには違いはないんですけど、どことなくキャッチーさも感じさせる聴きやすもあり、デスコアアルバムの中でもとっつきやすさは本作も同じですね。The Black Dahlia Murderの売りは何といってもデスコアアルバムの中でもわかりやすくて入りやすい敷居の低さだと思います。

美しいメロディをふんだんに使ったThe Black Dahlia Murderらしさが強調されたデスコアサウンド

先述した通り、本作「Abysmal」においてもメロデス風のメロディをしっかり盛り込んだ作風は相変わらずです。メロディを強調したようなサウンドもある通りで、その点は過去の作品と同じであると思います。爆走して、ヘビーに落とし込んで、そして美しくメロディアスに演奏して…と、The Black Dahlia Murderの音楽性に変わりはないサウンドが実にいいですね。

ジャケットもブラックメタル風な北欧のイメージを彷彿させるデザインのものですし。一貫してThe Black Dahlia Murderの音楽性に変わりはないことを表した物であるとともに、今後もこの音楽性が変わることがないようただただ願うばかりですね。

ブラストパートが増えた気がするけど…気のせいかな?

疾走パートやブルータルに爆走するブラスト全開のサウンドといった「激」の要素は相変わらず容赦ないのですが、サウンドプロダクションの向上のせいか、ブラストパートが目立っている気がしました。そもそも過去のアルバムでもブラストパートは多用しているとは思いますが、本作はなぜかブラストパートが多く目立つような気がするのです。

そしてそれが激烈なのだからもう手の付けようがないと言いたくなるほどに凄まじいです。インパクトの過ぎさはやっぱりすごいなと思います。まあThe Black Dahlia Murderに求めるものはとにかくブルータルなサウンドなので、非常に格好良く、非常に満足しています。

期待に十分応えてくれた安定感を感じさせる文句なしの完成度

The Black Dahlia Murderに何も不安なんて感じてないですし、どこまでもThe Black Dahlia Murderのサウンドは変わることはないと信じています。それはThe Black Dahlia Murderというバンドのポテンシャルの高さやキャリアを踏まえての「安心感」というものを強く感じるからなんですね。

なんていうか、新作に対してやっぱりこいつら最高だ!と心から言える格好良さがあるし、何もぶれることのないサウンドは本作においてもそれが感じ取れますし。何も心配することなく新作を聴くことができる。それが当たり前のことのようにできてしまうバンドがThe Black Dahlia Murderなんだと思います。

スポンサードリンク

素直に格好いい!と思わせてくれる格好良さに惚れ込んで仕方がないんですよね。素晴らしいアルバムを引っ提げてまたファンのもとに帰ってきてくれたThe Black Dahlia Murderの格好良さがもう…本当に最高すぎる!

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「Receipt」

1曲目から飛ばしてますねー!曲の出だしは静かだけど、ドラムがその静けさをぶっ壊し、ブラストするドラムの圧巻の演奏が始まるや否や強烈なインパクトを与えてくれます。非常に攻撃的なデスラッシュ/デスコアナンバーにただただ圧倒されるばかりです。凄まじい高いテンションで爆走するナンバーことブラダリの最大の武器だと言えます。

#2「Vlad, Son Of The Dragon」

メロデス風なメロディをまき散らしながらも爆走する様が強烈ですね。コーラス部分は拳を突き上げて一緒に叫びたいくらいに格好いいです。疾走しながらもメロウなギターソロがいい感じです。

#3「Abysmal」

ズダダダとバタバタするドラムの激しさから始まるナンバーですが、この曲もまたメロデス風のサウンドが特徴的です。チリチリと刻まれるデスラッシュなギターが格好いいです。ブラストするドラムや美しく泣きあげるギターソロも曲を盛り上げてくれます。

#5「Threat Level No. 3」

この曲はとにかく速さにこだわったような印象を受けるナンバーで、疾走感が素晴らしいですね。一心不乱に爆走するその勢いに圧倒されます。ブラストの爆走感も圧倒的でかなり好きです。ギターソロが途中で挿入されるも、爆走するドラムの速さに追いつこうとするさまがなかなか面白いですね。

#6「The Fog」

この曲は何といってもメロデスナンバーである点です。どことなく不気味さを感じさせるデスメタリックなサウンドではあるけれど、メロディを前面に出したようなナンバーである点が、他の曲とずいぶん変わっているな、という印象。異色のナンバーと言ってもいいかもしれませんね。

#8「Asylum」

とにかく爆走する様が非常に爽快な激烈ナンバーです。テンションの高さは言うまでもなく、凄まじいスピードとエネルギーが爆発したような凄まじいデスコアナンバーです。中盤のメロディアスなパートも実に聴きごたえがありますし、インパクトの強烈さは本作の中でも突出してますね。ブラストパートの格好良さが光っていますね。いい仕事しています!

#9「The Advent」

この曲はスピード感は抑えめに、タテのりなリズムが特徴的なサウンドで、個人的にはこういう曲がライブでかかると一緒にのりたくなってしまいそう。それほどわかりにくい印象でもないですからね。ギターソロは相変わらず格好いいです。

本作のマイナスかなーって思うところは?

ないですね。The Black Dahlia Murderの勢いは増すばかり、といった感じです。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

勢いや激しさは何も変わることがない過去最高と言っても言い過ぎではない作品だと思います。デスコアアルバムの中では聴きやすくとっつきやすい印象ですし、それでいて格好良さも非常に感じさせる。そういう作品をまたしても作り上げたThe Black Dahlia Murderというバンド、素晴らしいの一言に尽きますね。

映像

Receipt

評価

評価:★★★★★★★★★☆ (9.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。