【Post-Hardcore】Northlane 「Node」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

オーストラリア出身のPost-Hardcoreバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Soma
02. Obelisk
03. Node
04. Ohm
05. Nameless
06. Rot
07. Leech
08. Impulse
09. Weightless
10. Ra
11. Animate

お気に入りの曲

01. Soma
02. Obelisk
03. Node
04. Ohm
06. Rot
07. Leech
08. Impulse
10. Ra

好きなところ

時に美しく、時に激しい作風が好きですね!

好きではないところ

ないです。

説明

前作「Singularity」に比べると激しさは鳴りを潜め、穏やかで優しさを感じさせるパートが増えたアルバムだという印象です。Bring Me The Horizonのように劇的にロック寄りの落ち着いたサウンドへの変化ほどではないですけど、本作「Node」の変わり方も、Bring Me The Horizonのような変わり方を彷彿させるものがあります。但し、まだ激しさやDjentの歪んだギターも使われているので、「動」から「静」への変化の転換期ともいえる通過点にいるような気がします。この先のNorthlaneの音楽性の変化を注視する必要がありますね。

Post-Hardcoreのサウンドはまだ健在だけれども…?

「動」であり「激」であるサウンドでは確かに「Singularity」ではPost-Hardcoreという言葉でカテゴライズできる激しいサウンドが非常に格好良かった作品だなと思っています。曲の荒々しさはまさにPost-Hardcoreまんまのナンバーが多く収められていたし、Djentを結構使っていたので、その点が非常に私個人としてお気に入りの作品でありました。歪んだサウンドで、Post-Hardcoreのサウンドでブレイクダウンバキバキのガツンと来るようなサウンドも非常に魅力的だと思います。「Singularity」の#4「Worldeater」では非常にDjentサウンドが強く、非常にテクニカルでヘビーなサウンド、それこそがNorthlaneの音楽性を一番良く表していたと思っていましたし(あくまで私個人の意見です)。

ですが、かなりスピードを落としたナンバーが目立ちますね。なんというかシンフォニックでアトモスフェリック的でプログレッシブ的サウンド。美しさをかなり感じさせるナンバーが並ぶのはありなのかそうじゃないのか。実はこのサウンドは結構好みなんですけど、Northlaneのサウンドであることを考えると複雑な気持ちではありますね。

確かに本作の「静」の要素を感じられる曲はあったし、延長上の作品ではある

例えば、「Singularity」の#5「Quantum Flux」なんかは、静けさを感じさせる雰囲気が特徴のナンバーだし、先述した#4「Worldeater」も静けさを感じさせるパートは確かに確認できます。そういった意味では「Node」が「Singularity」とは大きく異なっているわけではなく、「静」と「動」の割合が逆転し、わずかだった「静」の部分が強くなり、「動」が減少した、「Singularity」の延長上の作品であると言っていいのかもしれませんね。

でもやっぱり戸惑いはありますよ…

うーんどうなんでしょうね、ここまで変わってしまうとは、これはこれで「成長」と捉えるべきか否か。残っている激しいパートは「Singularity」と変わらないですし、非常に格好いいんですけどね。例えば、#1「Soma」で聴かれる歪んだギターと吠えるボーカルのパートはNorthlane特有のサウンドだけれども、静けさが支配するパートもこの曲には存在して、非常に「静」の部分を感じられる。割合的には「静」と「動(激)」の割合は半分半分といったところ。この曲はまだいいんだけれども。アップテンポの曲はロック寄りのサウンドに聴こえるのが何とも…とちょっと戸惑ってみたり。Bring Me The Horizonのようなロック寄りのサウンドを思い浮かべて、Northlaneも意識しているのかな…?など邪推してみたり。さて今後のNorthlaneのサウンドはどういう進化を遂げていくのでしょうかね。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「Soma」
#2「Obelisk」
#3「Node」
#4「Ohm」
#6「Rot」
#7「Leech」
#8「Impulse」
#10「Ra」

スポンサードリンク

#1「Soma」

曲の出だしはゆっくりとしていて、そして気怠さを感じさせる雰囲気のナンバーです。曲は激しさよりもゆっくりとした時間が流れるような印象ですけど、情感に訴えかけてくる訴求力の強いボーカルの咆哮がとても格好いいですね。激しさからくる格好良さはさすがと言ったところ。

#2「Obelisk」

この曲もゆっくりと静けさに包まれながらも優しく訴えかけてくるサウンドが印象的なナンバーです。グロウル型のボーカルと甘いクリーントーンとの掛け合いが面白いですね。個人的には激しさがストレートに伝わってくるのが非常に印象的です。

#3「Node」

ゆっくりと静かにそして美しく。バックに流れる神秘的だと思わせるほどに耽美的なサウンドが支配するサウンド。Northlaneのサウンドとして激しさを感じさせる要素を持ち込んではいますが、あくまで美しいパートが多くを占めているため、どうしてもロック的な印象を受けてしまいます。とはいえ個人的にこのゆったりと時が流れるような優しい印象を受けるサウンドの世界観が好きだったりします。

#4「Ohm」

この曲もロック的な印象を受ける曲ですね。メロディが非常にいいです。神秘的な雰囲気を作り出しているところも非常に引き込まれていくような感覚に陥ります。優しい世界観がとても好きです。

#6「Rot」

優しいメロディにクリーントーンのボーカル。美しさはこの曲でも感じられますが、この曲は前作「Singularity」っぽさを感じさせるDjent風の歪んだギターに、グロウル型のボーカルが吠えるパートも聴きどころです。あくまでゆっくりとした時が流れる印象ですけど、Djent風味を強く感じさせるナンバーです。

#7「Leech」

この曲の聴きどころは、歪んだギターサウンドであるDjent色の強いパートが多く聴かれる点です。個人的にはDjent色の強いパートで一番好きなのがこの曲です。まあ静かで美しいパートはこの曲でも聴くことができますけどね。

#8「Impulse」

#7「Leech」と同じくヘビーなサウンドのパートが多く占めるナンバーです。アルバムの中では一番ヘビーなナンバーかと思います。この曲が一番前作「Singularity」のサウンドに近いかなと思いました。それに対してクリーントーンパートのボーカルの歌い上げる美しさもなかなか聴きごたえがありますね。

#10「Ra」

美しいパートと、激しいパートが入れ替わり展開していくナンバーです。ヘビーなパートは歪んだギターのサウンドが印象的で、美しいパートは筋けさを感じる雰囲気に癒されます。ヘビーなパートでは吠えるボーカルにインパクトを感じるかもしれないです。結構激しく吠えていますね。

本作のマイナスかなーって思うところは?

アルバムの変化に戸惑いながらも、決してマイナスとは個人的には捉えていないです。これはこれで好きなので。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

繰り返しますが、かなり静かで美しいパートが本作の割合を占めるようになり、前作「Singularity」のイメージで本作「Node」を聴くと非常に戸惑いを覚えるかもしれません。かなり変化を感じるアルバムなので。ただ私が言いたいのは、決して作品の質が落ちたというわけではない、ということです。つまり、作品の質はむしろいいと思うし、変化したことが決してマイナスではないということです。変化をあまり良しと捉えない否定派の人はいるかもしれないので、前作「Singularity」に対して良く思わない人もいるかもしれません。ただ、あくまで本作「Node」は前作「Singularity」の延長上の作品であると思っています。個人的には好きなアルバムだと思っていますが、他の人の評価を聴いてみたいですね。私は好きなアルバムだと思っています。

映像

Impulse

評価

評価:★★★★★★★★☆☆ (8.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。