【デスコア】The Raven Autarchy 「The Obscene Deliverance」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

スペイン出身のテクニカルデスコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. A Dead Cherry Blossom Tree
02. Kyomu
03. The Whistleblower
04. The Obscene Deliverance
05. Obsidian Eyes
06. Counterintuitive (Ft. Uriel Claro)
07. Engineered Consciousness
08. The Riddle

お気に入りの曲

01. A Dead Cherry Blossom Tree
02. Kyomu
03. The Whistleblower
04. The Obscene Deliverance
07. Engineered Consciousness
08. The Riddle

好きなところ

超絶テクニカルな演奏に非常にメロディアスなサウンドが格好いいところ

好きではないところ

ないですね!

説明

テクニカルでプログレッシブで難解な演奏を聴かせてくれるThe Raven Autarchy。日本じゃ知名度なんてたかが知れてるのかもしれないけど、このバンドは多くのメタル好きの人に聴いて欲しい、そう思わずにはいられないバンドで、そのThe Raven Autarchyがリリースしたアルバム「The Obscene Deliverance」は想像をはるかに超えた超絶テクニカルデスコアアルバムなんです。はっきり言ってレベルはものすごく高いです。本当に素晴らしいアルバムなんですよ。

前作「Kaonashi」とほぼ変わらない延長上のアルバム

かなり前作「Kaonashi」に近い内容に思えます。サウンドプロダクションが向上している点が変わったところだと思いますが、サウンド自体の変化はあまりないように思われます。大きく変化のない、超絶テクニカルなデスコアサウンドは本作においても健在です。

ここまでテクニカルだとは想像をはるかに超えていた

どこまでもテクニカルに拘るその音楽性はテクニカルなアルバムの中でも一級品と言っていいと思います。演奏技術は超絶なレベルに達しており、想像をはるかに超えています。そもそもメンバーの技術がとんでもないほど高くなければここまでの作品は作れないと思います。まったくもって想像を遥かに超えたテクニックによって構成されたアルバム。そしてメロディの質も高い。非常にメロディアスな作品でもあります。

実験的なサウンドではあるものの

かなりテクニカルな作品であるがゆえに、実験的な要素も感じられますが、これ以上に何を試そうとするのかという気もしてきます。演奏自体非常に洗練されたサウンドではありますが、非常に難解で実験的な印象も受けます。本作で極まったような印象を受けるものの、まだ進化を続けていきそうなポテンシャルを感じさせます。本作に詰め込まれているアイデアはどれも斬新ですが、まだまだ新しいアイデアを生み出してくれそうな期待を抱いてしまいます。

テクニカルで敷居が高そうな音楽に思えて案外とっつきやすいサウンド

曲自体が超難解な技術を盛り込んで作られたものばかりではありますが、案外ストレートさも感じる、案外入りやすい曲でもあります。メロディ自体も技術的に難解極まりないものではあるものの、単純に聴きやすさを感じさせるんですよ。これがとても不思議に思うんですよね。敷居が高いように思えて、すんなり聴きこめてしまう。これは聴きやすいアルバムなのかな?と思うほどにそれほど肩の力が入らずにどんどん曲を聴き進めることができます。まあボーカルがギャーギャー喚くようなスタイルなので、ボーカルでかなり聴く人を分けてしまいそうに思えますね。メロディ自体は分かりやすさを感じますね。

演奏に深みを感じるようになった

前作「Kaonashi」もぶっ飛んだテクニカルで超絶メロディアスなアルバムでしたが、本作「The Obscene Deliverance」も基本路線は変わっていないですね。で、本作「The Obscene Deliverance」においては、演奏に深みを感じるように聴こえるんですよね。前作「Kaonashi」のほうが実験的な要素が強く、アイデア自体はたくさんあって、そのアイデアがどんどん湧き上がってくる、それをどれも索引に詰め込もうとして聊か粗削り感が強かった気がするんですよ。まあその粗削り感は嫌いじゃないし、これから期待できるバンドだなと思っていたので、では「The Obscene Deliverance」はリリースされたけどどんな感じかふたを開けてみてみると、これがまたさらに超絶なテクニックに磨きをかけた素晴らしいアルバムに仕上がっていたので非常に感心させられたわけです。プロダクションもかなり向上したみたいですしね。音がよりクリアになって聴こえるのがいいんですよね。彼らの荒々しい攻撃的なサウンドが非常に格好よく聴こえるのが嬉しいじゃないですか。

スポンサードリンク

独特の世界観

本作「The Obscene Deliverance」程独特の世界観を感じさせるバンドはいないのではないのでしょうかね。テクニカルでいてブルータルでいてメロディアスでいて。プログレッシブささえ感じさせる複雑な演奏、そしてブラストはするわ、ブレイクダウンパートをがっつりかましてくるわと、曲の展開の激しさやバラエティに富んだアイデアの数々と、曲の個性がどれも光りすぎていてまぶしいくらいです。一聴にして引き込まれる力強さも感じる作品が「The Obscene Deliverance」であり、また才能あふれるThe Raven Autarchyの凄さに多く驚かされるんですよね。本当に素晴らしい作品を作るもんだなと。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「A Dead Cherry Blossom Tree」
#2「Kyomu」
#3「The Whistleblower」
#4「The Obscene Deliverance」
#7「Engineered Consciousness」
#8「The Riddle」

#1「A Dead Cherry Blossom Tree」

いきなりメロディアスなギターからの幕開けとともに、メロディアスなサウンドが強烈に炸裂するナンバー。ガツンとかましてくるブレイクダウンパート、ブラストするドラムなど、とにかく格好良さがこれでもかと詰め込まれたテクニカルなナンバー。ギターの複雑な演奏も聴きどころの一つですね。さりげなくメロウに泣きあげるギターがまたいい味を出してるんですよね。

#2「Kyomu」

出だしから疾走するテンション高いナンバーです。メロディアスなギターがまた格好良くて惚れ惚れしちゃいますね。突然現れるブラストパートもインパクトが強烈で、ブレイクダウンパートも格好良すぎ!もうその格好良さに心奪われちゃいますね。

#3「The Whistleblower」

出だしはミドルテンポのパートで展開してくナンバーです。ザクザク刻まれるギターが格好いいですね。2:13で聴かれるブレイクダウンパートが妙にはまってしまうというか癖になるパートなんですね。

#4「The Obscene Deliverance」

静かに曲が始まるかと思いきやブラストパートでその静けさがぶち壊され勢いよく曲が展開していきます。疾走しながらもテクニカルなギターが濃厚なメロディを披露してくれます。相変わらずブラストパートが格好良く、疾走するパートも実にいいですね。

#7「Engineered Consciousness」

独特のリズム感で曲が進んでいく特徴的なナンバーです。疾走パートが実に格好良く、そのまま突っ走っていくと思いきやガツンとかましてくるブレイクダウンパートの格好良さが光るナンバーですね。ガリガリと削るエッジの効いたギターが格好いいです。

#8「The Riddle」

インストナンバーです。とにかくメロディアスな1:52のギターソロは必聴です。泣きに泣きまくるギターは圧巻の一言です。曲自体はメタリックな要素が強いメタルコアナンバーです。

本作のマイナスかなーって思うところは?

ないですが、あえてマイナスを語るなら非常にメロディアスな曲ばかりで胸やけを起こしそうなくらいです。(いやそこがいいんですけどね)

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

とにかくテクニカルでいて複雑極まりないサウンドに聴こえるもののなぜか聴き易さも感じる不思議なアルバムです。テクニカルなデスコアアルバムが好きな人には強くお勧めしたいアルバムです。インパクトがかなり強いアルバムで、印象に残りやすいアルバムだと思います。

映像

A Dead Cherry Blossom Tree

評価

評価:★★★★★★★★★☆ (9.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。