【メタルコア】Make Me A Donut 「Bright Side」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

スイス出身のテクニカルメタルコア/Djentバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Erratic
02. Nominatus Padre
03. Skyline
04. Valar Morghulis
05. I Awareness
06. Ii Knowledge
07. Iii Imagination
08. Elusion
09. Bright Side
10. Between

お気に入りの曲

01. Erratic
02. Nominatus Padre
03. Skyline
04. Valar Morghulis
09. Bright Side

好きなところ

非常にテクニカルでDjent風味のサウンドが格好いいところ。

好きではないところ

ないですね。ただアルバムが難解すぎるのがちょっと気になりますが。。

Djentサウンドを前面に出したプログレッシブなサウンドが特徴的

Hacktivistのようなプログレッシブ感が強く、深淵な深く落ちていくようにじわじわ沈んでいく感覚に襲われます。それはとても不思議で限りなく「無」に近いようなただ冷たい感覚だけが残るような。非常に難解で曲の展開が全く読めないサウンドが特徴のアルバムですね。まるで迷子になったかのような自分の位置など把握することが出来ないようなさまよっている浮遊感が絶望的です。

ここまで複雑にされると困惑しかない

どうしてここまで難しくしてしまうかね…そんなセリフを気が付かないうちに呟いているような、非常に困惑する難しいアルバムですね。テクニカルでいてプログレッシブでいてDjentサウンドで曲の世界観を非常に歪ませていて…ここまで難解にしてしまうかねえ…と、それは表現し形容するのが本当に難しい作品です。

何枚も難解なアルバムは聴いてきたけれど

個人的に頭に浮かんだのは、先述したけれどHacktivistっぽいかなと。HacktivistもDjent要素の非常に強い作風のアルバムを作っているけど、Make Me A Donutのほうがサウンドが冷たい印象を受けるんですよね。難しくしすぎてそこに感情がない気がするんですよね。

冷たい感じもするけど酷いっていう感じではなく、ただただ想像をはるかに超えた素人には決して想像もつかない高次元の世界の音楽というか。難しさもここまでくるとねえ…。ため息しか出ないほどに全く手の届かないプログレッシブな世界。いやーこれは凄すぎる。

楽しむということよりも理解しようという作業が先に必要

さて、この音楽をどう向き合うかといった、なぜ音楽にそんなことをしなきゃいけないんだ?とちょいちょい思うのですが、わからないことが多すぎるんですよ。難しすぎてこれはいったい何なんだろう?と思ってしまう自分がいる。何やってんだ、自分?とか疑問を投げかけてるんですよ、自分に。聴いていて楽しいんですよ?これは間違いない。

でも、楽しもうとすればするほど、このパートいったい何?って考えさせられるというか引っかかるというか。肩の力を抜いて聴こうとしても、頭が働いてしまうという変な感じ。まあそう考えても結局何のことやらわからずただただ曲が流れていくんですけれども。

スポンサードリンク

聴いていて「ええ!?」とか驚いたりするんですよ、実際。

大げさかもしれないけど、本当に理解できない部分が多すぎて。それにしてもこれがドラムにベースにギターにボーカルにと(その他もろもろ)、よく各パートが合わさって作られていると感心してしまいます。

そもそも曲を作るのって大変な作業かと思うんですけど、少なくとも複数人が息を合わせてこんなにも難解な曲を演奏できるもんだなと。たあただ驚かされるわけなんですね。私じゃ手に負えません…お手上げです。。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「Erratic」
#2「Nominatus Padre」
#3「Skyline」
#4「Valar Morghulis」
#9「Bright Side」

#1「Erratic」

静けさから非常にプログレッシブな世界観を作り出して、非常にこれは踏み込んだら引き返せないぞと思わせる、ドキッとしたサウンドから、この作品が非常に難解でテクニカルなサウンドで構成されていることが垣間見れるパートがぞくぞくと飛び出してくるナンバー。ギターにドラムにベースにと、どの楽曲も超絶なテクニックで聴き手を異次元の世界に誘います。この作品の世界に足を踏み込んだらもう後戻りなど出来ない…

#2「Nominatus Padre」

ザクザクと刻まれるギターで曲が始まるも、非常にテクニカルなリズムで曲が進み、以上に複雑な演奏が続いていきます。それはもう普通の感覚では先を予想することができない代物です。Djent風味の強いサウンドが非常に興奮させられますね。

#3「Skyline」

静かな雰囲気の中、やはりここでもテクニカルで複雑に演奏するギターのインパクトは強烈です。本当に難しい曲展開で聴き入ってしまいますね。それにしてもこのリズム感…普通じゃないです。

#4「Valar Morghulis」

曲の前半は比較的ゆっくり目に進んでいく曲なんですけどここれは断言できます!はっきり言って「え!?」ってなります。それはね…

2:19からのいつの間に疾走しだしたんだ!?なんだこのおかしなスピード感は!?って感じです。どんだけ秘密技(?)持ってるんだろう、このバンドは…

#9「Bright Side」

は何とも悩ましいほどに独特のギターの演奏が格好いいですね。ミドルテンポで進んでいくものの、Djentサウンドが曲の格好良さを一段と引き立てていますね。リズム感が素晴らしく気持ちよくのってしまいます。

本作のマイナスかなーって思うところは?

ないですが…難解すぎるアルバムなので、その点は人によってかなり好みを分けそうですね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

とにかくテクニカルで難解すぎます!まあ個人的には好きなサウンドばかりのアルバムなので楽しめましたね。複雑すぎてちょっと付いていけない部分もあるのでもう少し聴きこんでみたいと思います!

映像

Erratic

評価

★★★★★★★★☆☆ (8.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。