【デスコア】Pac-Man Ate My Donut 「Disparity」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

オランダ ウフストヘースト出身のテクニカルデスコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Intro
02. Husk
03. Inspiration To Fly
04. Spores
05. Irreversable
06. Progression
07. Convergence
08. The Age Of Fire
09. Sanity Of A Madman
10. Haematochezia
11. Evelynn
12. Divergence

お気に入りの曲

02. Husk
03. Inspiration To Fly
05. Irreversable
06. Progression
07. Convergence
08. The Age Of Fire
10. Haematochezia
11. Evelynn
12. Divergence

好きなところ

あまりにテクニカル過ぎるサウンドでもう最高なんです!

好きではないところ

ないですね。かなり好きなアルバムです。

彼らのサウンドを簡単に言うとテクニカル色の強いデスコアサウンド

簡単に言ってしまうとデスコアナンバーが収められたデスコアアルバムなんですけど、これが実に格好良いんです。激しさたブレイクダウンの格好良さをちゃんと抑えているところがこれはただものではないな?と思った次第。でもデスコアアルバムと言ってもこれがちょっと変わりものなんですね。

非常にテクニカルで急に曲の展開を変えてくる難解なサウンド

非常にテクニカルなサウンドですね。先の読めない展開に「え?」ってなってしまいます。なんて言うか、複雑なサウンドに驚かされてしまいます。急に曲のテンポを落としたり急に突っ走ったり、「突然何か仕掛けてくる」感が強いですよ。テクニカルと言えばVeil Of MayaやWithin The Ruinsのようなものともまた違う非常にテクニカル・デスコアサウンドがこれでもか!と言わんばかりにぶち込んできます。

にしてもノリの良いアルバムなのかノリの悪いアルバムなのかなんなんだ…

結構軽快に疾走するパートでは非常に気持ちよくのれるんですけど、そう思えば急に曲の展開を180度変えてくるような複雑なパートに展開したり(それがもう質の悪いことに力技で変えてくるんですね)、先の読めない曲が結構ありますね。こっちは気持ちよく聴いていたのになぜそこで曲調を変えちゃうの!?なんて思うこともしばしば。

複雑な曲が多いってことは気を抜いて聴くと痛い目にあう

このアルバムを最初に聴いたとき何だこりゃって感じでしたが、何度も聴きこんでみると色々やりたいことを詰め込んでいるといった印象。嫌いじゃないし、むしろ大好物な音楽なんだけど、こうも展開を複雑にされるとついていくのがやっと…久しぶりに熱くなりました。こういう複雑で難解で次から次へと予測不能の曲展開が続くとこちもめっちゃ興奮するわけで。こういうテクニカルな音楽めちゃくちゃ好きです。

こういう音楽を誰が求めてるというんだろう?

#7「Convergence」はVeil Of Mayaのアルバム「The Common Mans Collapse」#6「Pillars」を思い出しましたよ。同じインストの難解極まりないナンバーだからちょっと気になって。でも曲自体は似てるわけじゃないんだけど、共通点がありそうな気がしました。

こういう音楽って世間的にどういう評価んでしょうかね?個人的にはかなりテンションが上がっちゃうんですけど、他の人からしたら「ふーん」ってな感じで終わっちゃうのかな?この凄さ、わかってほしいとは思うんですけどね。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。/span>
#2「Husk」
#3「Inspiration To Fly」
#5「Irreversable」
#6「Progression」
#7「Convergence」
#8「The Age Of Fire」
#10「Haematochezia」
#11「Evelynn」
#12「Divergence」

スポンサードリンク

#2「Husk」

テクニカルな演奏が非常に格好いいナンバーです。このアルバムの印象がこの曲で決まってもいいんじゃないかっていうくらいのインパクトのあるナンバーですね。決してストレートさはなく、そうしても複雑にしたくて複雑にしました!みたいなことをしれっと言いそうなそんな難解なナンバーです。

#3「Inspiration To Fly」

#2「Husk」とは打って変わって、この曲はメロデス風のナンバーですね。ですが、3:35にやらかします。非常に複雑な曲展開へと聴き手を陥れる展開をちゃんと仕掛けてあるんですね。これにはびっくりですよ。。

#5「Irreversable」

出だしは勢いのあるデスラッシュ要素の強いパートから始まります。結構ストレートな印象。そしてメロデス風味のギターソロパートもあり、かなり格好いいです。ですが、2:37辺りから急に曲の展開をガラッと変えるテクニカルなパートへと雪崩れ込みます。

#6「Progression」

待ってました!こういうのを待ってたんですよ!他の曲と比べても異彩を放っているこのナンバーはプログレッシブ要素も感じさせるテクニカルなナンバーですね。テクニカルで複雑なナンバーはここに極まれり!と言わんばかりに攻撃的にテクニカルに複雑に…いろんな要素が交じり合ったナンバーです。

#7「Convergence」

インストナンバー。ミドルテンポで最後まで突き進んでいきますが、曲自体複雑で他の曲とこれまた印象が若干違う印象を受けますね。テクニカルなことを思いっきりやろう!という言葉聴こえてきそうなそんなナンバーです。

#8「The Age Of Fire」

これまたテクニカルなパートが印象的な出だしで始まるナンバーです。かなりヘビーなサウンドで非常に重い空気が流れているような印象を受けますね。テクニカルなサウンドはやっぱり格好いんですよね。複雑さを感じさせるこの曲は若干Djentっぽさを感じさせます。

#10「Haematochezia」

ストレートなデスラッシュパートから始まり、急にスピードを落としてのブレイクダウンを絡ませてミドルテンポで力強く曲が展開していきます。曲の中間あたりで聴けるメロディアスなギターが美しく、そして格好いいナンバーですね。

#11「Evelynn」

むむ?これはメロデスなのか…?メロデスじゃないか!?完全に裏切られた気分…。でもこういう曲を作れちゃうとは恐ろしいですね。ただのテクニカルだけが売りのバンドじゃなかったんですね。クリーントーンパートのボーカルも格好良く、このバンドってそもそも何を目指しているんだろう?とか思ってみたり。全くこのバンドのやりたいことが分からなくなってきた…

#12「Divergence」

アルバムのラストを飾る本ナンバーインストナンバーなのですがは、出だしが静かなメロディで始まるのでこれはゆっくりと静かに終わっていくのかな…と思いきや、それは早合点、またしても悪意全開の(?)超絶テクニカルなデスコアサウンドが炸裂。にしてもまたここで暴れ出しますかねえ…いやこれがね、テクニカルな演奏、ブレイクダウンはがっつり、泣きのギターが流麗で美しいメロディをまき散らす、と…これがまためちゃくちゃ格好いいです!

本作のマイナスかなーって思うところは?

非常にテクニカルな演奏が多くて結構とっつきにくいアルバムなので結構好みが分かれるかと思います。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

個人的にはここまでテクニカルな演奏を聴かせてくれるとは予想していなかったので、結構な掘り出し物感覚に近く最後まで楽しめました。非常にテクニカルなサウンドがたくさん詰め込まれたアルバムなのでテクニカルな演奏をたくさん聴きたいという人にはお勧めのアルバムです!

映像

The Age Of Fire

評価

評価:★★★★★★★★★☆ (9.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。