【メロデス】Children Of Bodom 「I Worship Chaos」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

フィンランドのメロディックデスメタルバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. I Hurt
02. My Bodom (I Am The Only One)
03. Morrigan
04. Horns
05. Prayer For The Afflicted
06. I Worship Chaos
07. Hold Your Tongue
08. Suicide Bomber
09. All For Nothing
10. Widdershins
11. Mistress Of Taboo (Bonus Track)
12. Danger Zone (Bonus Track)

お気に入りの曲

01. I Hurt
04. Horns
06. I Worship Chaos
09. All For Nothing

好きなところ

シンセの美しさ格好良さと攻撃的なギターが攻め立てる音楽性が相変わらず格好いところ。

好きではないところ

良くも悪くも無難かなと思うところ。

説明

相変わらずチルボド節というか、音楽性は変わりないですね。そういっても長く続けているバンドなので、いろいろ良いところ、悪いところと評価される部分はあると思います。スラッシーでエッジの聴いたザクザクと刻まれるギターとシンフォニックなシンセのコンビネーションは相変わらずだし、攻撃的なスタンスも非常に加工良いですし。

そして今回もかなり攻めてますね。非常にアグレッシブな作品となっています。シンセの装飾はもちろんギターソロの流麗なテクニックも素晴らしく、その美しさと攻撃性が絶妙なバランスで絡み合い、楽曲の素晴らしさに貢献してくれています。

世間の評価は厳しい?

個人的には悪くないと思っています。まあ個人的には3rdまではとにかくはまりまくって、そのあとはだんだんと冷めていった人間なのでろくな評価などできる立場ではないんですけど、改めて最近のチルボド作品の中では悪くないなーと思っています。

でも結構評価の厳しい人が結構いるのも確か。まあチルボドらしさというものが作品を重ねるごとに失われて行ってしまうのは、チルボドに限らずどのバンドでもそうでしょうし、デビュー当時が最高に素晴らしいのであれば、その素晴らしさを次のアルバムでさらに素晴らしいと思わせるには本当に大変なことだと思うし、なかなか難しいですよね。いろんな影響を受けるだろうし、プロデューサーからの影響だったり周りの意見が出たりと、環境の影響や時が経つことでの変化など、最高の状態を維持し続けるのはとても大変でしょうし。

確かにキラーチューンがないのは確か

悪くはない、という無難な言い方をしましたが、そういう表現を使ったのは、これ!という曲がないんですよね。がつん!とくるような曲を探してみたのですが、それがないのが何とももどかしいです。

何をもって素晴らしいと思うか、感じるか。

繰り返しになりますが、個人的には悪い評価ではないです。なんだろう、過去の作品にこだわると評価もそれに引きずられて本当にアルバムにちゃんと向かい合うことができているのだろうか?ただの比較論だけで、先入観丸出しの評価になっていないか?なーんて思ったりするわけで。

改めて作品の素晴らしさを味わってみる。

なので、私の評価は、過去の作品にとらわれないニュートラルな姿勢で本作に向かい合うことができた、というのが良かったと思います。素直に格好いいなと思っても、過去のあの作品に比べてちょっとどうかなあ…なんていうことは結構あることで、そういった考えが曲自体の捉え方に悪い影響が出てしまう。

でも私の場合はそれが限りなく少ない形で本作の楽曲を聴くことができた。だから曲の素晴らしさを認識することができたんですね。

スポンサードリンク

作品に何を期待するか

そういうわけで、チルボドってこうじゃないとチルボドじゃない!みたいな考えは抜きにして、ただ純粋にシンフォニックなエクストリーム色の強いメロデスアルバムとして(この表現は果たして正しいのか?)楽しむことができました。まあ期待するものはただ単に素晴らしくて楽しめるかってことなので、結構楽しめました。

私はね。例えば#4「Horns」の出だしからブラストしつつ非常に攻撃的に攻め立てながらも疾走する展開には痺れますし、#10「Widdershins」の出だしの格好良さなんてヘビロテしたくなるほどにはまりますしね。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「I Hurt」
#4「Horns」
#6「I Worship Chaos」
#10「Widdershins」

#1「I Hurt」

シンフォニックなシンセとメロディアスなチルボドとわかるギターによる曲の出だしは聴いていてぞくっとしますね。なんというかもうベテランとしての風格を感じさせるオーラを感じるというか。一聴してチルボドとわかるサウンドに少しながら興奮させられます。スタスタと疾走する様はやっぱり格好いいですね。流麗なギターソロの美しさもさすがの一言です。

#4「Horns」

ブラストしながらズドドドと勢いよく突っ走て行くその勢いがめちゃくちゃ格好いいですね。そのまま疾走していくそのスピード感が何とも気持ち良いです。こういうスピード感溢れるナンバーを作れるところこそチルボドの真骨頂ですね。

激しくて速くて勢いがある曲は聴いていてテンションが上がるので最高に気持ち良いです。シンセのソロパートもこれが速くてギターとのユニゾン部分もこれまた格好いいんですよね。ライブで聴いてみたいナンバーです。

#6「I Worship Chaos」

出だしのスラッシーなギターにぞくぞくさせられるナンバーで、アップテンポで曲が展開していき、テンションの高いままに突き進んでいくデスラッシュナンバーです。シンセのソロパートは非常に流麗な、攻撃的で美しい演奏を聞かせてくれます。曲自体は非常に攻撃的なナンバーで、テンション高く暴れてくれるのがいいですね。

#10「Widdershins」

出だしのメロディアスなギターはなんだろう…どこか懐かしさを感じさせてくれるんですよね。なんていうかIn Flamesの「The Jester Race」を思い出したのは私だけでしょうか?そういった想像もあり、嬉しくも懐かしい感情が私を包んでくれるのですが、曲自体はアップテンポの実ン格好いい曲です。メロディアスで聴きやすいのもかなりいですね。ギターソロも流麗で非常に美しく、シンセのソロもこれまた格好いいですね。かなりお勧めの曲です。

本作のマイナスかなーって思うところは?

ゆっくりしたパートの曲は中にはちょっと退屈かな、と思えるものがありますね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

キラーチューンがないという点で、目玉となる点が見当たらないのがもどかしいですが、全体的にはバランスの取れた無難なアルバムだと思います。悪くはないけど、凄くいい!という要素もなく、あくまで相変わらずなチルボドサウンド、といったところでしょうかね。個人的には「あり」ですが、無難な作品ということはちゃんと言っておきたいですね。某雑誌では評価は高く、某ECサイトでのレビューでは悪い評価が多い(良い評価もありますが)というのが実情のようです。

映像

I Worship Chaos

評価

評価:★★★★★★★☆☆☆ (7.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。