【メタルコア】Blessthefall 「To Those Left Behind」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

アメリカはアリゾナ州フェニックス出身のメタルコア/Post-Hardcoreバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Decayer
02. Walk On Water
03. Dead Air
04. Up In Flames
05. Against The Waves
06. Looking Down From The Edge
07. Keep What We Love
08. Burn The Rest
09. Oathbreaker
10. To Those Left Behind
11. Departures

お気に入りの曲

01. Decayer
02. Walk On Water
04. Up In Flames
05. Against The Waves
06. Looking Down From The Edge
09. Oathbreaker
10. To Those Left Behind

好きなところ

美しく哀しみを多く盛り込みつつメタルコアの激しさも詰め込んでいる作風が好きですね。

好きではないところ

ないですね。

説明

ブレイクダウンパートが実に格好いいメタルコアサウンドを身上としている音楽スタイルは決して変わることなく進化を続けているメタルコアバンド。Post-Hardcore要素も強く、今までのファンにがっつりアピールできる内容となっていますね。ボーカルの声が前作「Hollow Bodies」よりもさらに高くなったような気がします。爽快感は本作でも相変わらずさすがと言えるほどに素晴らしいです。

相変わらずブレイクダウンパートバッキバキのメタリックサウンドは健在

本作は前作「Hollow Bodies」の延長上である作品であり、硬質なメタリックなサウンドが特徴的なサウンドで、基本路線はメタルコア、Post-Hardcoreと言えるものです。わかりやすく、そしてとっつきやすい、非常に洗練された作品だと思います。ブレイクダウンの格好良さは今までの作品通りで、安心して楽しむことのできるアルバムだと思います。

メタリックなメタルコア部分だけではなくボーカルの甘い声質も聴きどころの一つ

グロウル型の咆哮する攻撃的な面だけではなく、クリーントーンのボーカルの甘い歌声がこのバンドの売りでもある部分であると思います。激しさとは裏腹に優しさに包まれるような曲展開もあり、緩急の付けられたサウンドスタイルがBlessthefallの持ち味ですね。まあ良くあるPost-Hardcoreの音楽スタイルではあるけど、それはそれでまた格好良くて好きなんですよね。安定感あるサウンドづくりにBlessthefallのことが好きになる要因となっています。

もうベテランの域に達している実績のあるバンド

本作でもう5枚目をリリースしており、枚数を重ねるごとに安定感を感じさせるサウンドつくりで非常に質の高い作品を提供してくれますね。特に激しいパートに磨きがかかった気がします。今までのBlessthefallのファンは安心して楽しめる内容になっています。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。
#1「Decayer」
#2「Walk On Water」
#4「Up In Flames」
#5「Against The Waves」
#6「Looking Down From The Edge」
#9「Oathbreaker」
#10「To Those Left Behind」

#1「Decayer」

メロディアスなギターによる出だしの美しさと、メタルコアの攻撃的な激しいサウンドが相伴って攻め立てるサウンドはさすがBlessthefallだなといったところ。こういうサウンドづくりをするのがうまいと言いたくなる曲作りに感心させられます。ブレイクダウンパートで畳みかけるその攻撃的サウンドが実に格好いいです。クリーンパートのボーカルも曲の雰囲気にマッチしており、攻撃的な側面と哀愁漂う哀しみのムードがうまく調和されていて、悲しさからくる胸の狂おしい感情を呼び覚ましてくれます。この感覚はBlessthefallだからこそ成せるものだと思います。

スポンサードリンク

#2「Walk On Water」

テンション高くアップテンポで突き進むその曲展開が実に格好いいですね。少々変わったリズムで曲が進んでいきますが、ここでもガツンと落としてかましてくる無礼木ダウンパートが実に格好いいですね。クリーントーンのボーカルのパートも甘い歌声に惚れ惚れするくらいです。緩急をつけたサウンドづくりはさすがだなと思います。激しさの部分はメタルコア要素が強く実に格好良いですね。

#4「Up In Flames」

曲の最初は静かな雰囲気で始まるものの、0:16辺りでその静けさをかき消すようにブルータルに攻め立ててきます。そしてブルータルなブレイクダウンパート→クリーントンのボーカルが歌い上げる→コーラス部分に突入、と曲の展開は次々に変化していきます。コーラスの落ち着いた雰囲気が個人的に好きです。

#5「Against The Waves」

メタリックの硬質なサウンドが実に格好いいヘビーなナンバーです。アップテンポに突っ走っていく曲の展開にしびれますね。ヘビーなメタルコアサウンドが実に格好いいです。突っ走っていく様もブレイクダウンパートでがっつり落とし込んでくる様も。ライブでは盛り上がりそうな曲ですね。

#6「Looking Down From The Edge」

アップテンポで展開されるこの曲は他の曲よりもアレンジされるメロディの質が独特ですね。甘い声のボーカルもい味が出ていますね。とにかくほかの曲で聴かれる声よりもより甘い声をしていますね。そしてその声に呼応するように咆哮するボーカルの存在もまた格好いいです。エレクトロの装飾で彩られたサウンドもどこかサイバーな印象がして好きです。

#9「Oathbreaker」

これまたヘビーなナンバーですね!メタリックな硬質なサウンドで実に興奮させられますね。そして疾走するダイナミックな演奏。それに対して静けさを纏いながら悲しげな雰囲気を作り出し、聴き手の心を魅了する。激しさと美しさ・悲しさをうまく使い分けるそのサウンドづくりは素晴らしいですね。本当に美しいです。

#10「To Those Left Behind」

切ないムードで始まるこのナンバーは、疾走感溢れるサウンドへと曲を展開させ、聴き手の興奮を掻き立ててくれます。時に静けさも作り出しながらも甘く切なく歌い上げるボーカルの魔力によってどんどん心奪われていく。そうした魅力ある曲に深くはまっていきます。聴きごたえのある曲ですね。

本作のマイナスかなーって思うところは?

ないですね。見当たりません。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

あくまでメタルコアの要素を減退させることなく、「Hollow Bodies」の延長上のつくりではあるけれど、より洗練されたように思える作品です。少々切ないムードを多く取り入れたかな、という気もしましたが、激しさを減らすことなくメタリックな硬質サウンドがきちんと盛り込みつつ、Post-Hardcoreの要素も強く感じられ、切なさや悲しさを詰め込んだ良質なアルバムだと思います。前作が楽しめた人は本作も楽しめると思います。お勧めのアルバムですね。

映像

Walk On Water

評価

評価:★★★★★★★★★☆ (9.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。