【メタルコア】For Today 「Wake」(2015)

スポンサードリンク

アルバムについて

アメリカはアイオワ州スーシティ出身のメタルコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. No Truth, No Sacrifice
02. Broken Lens
03. Forced Into Fire
04. Deserter
05. Bitter Roots
06. Wasteland
07. Hopeless Ambition
08. Determination
09. Flooded Earth
10. Time And Tide
11. Two Brothers (Bonus Track)
12. Without You (Bonus Track)

お気に入りの曲

01. No Truth, No Sacrifice
02. Broken Lens
07. Hopeless Ambition
08. Determination
09. Flooded Earth

好きなところ

ブレイクダウンパートはさすがに格好いいです。

好きではないところ

ダークな雰囲気が多く前に出されていて熱いサウンドが少ないのに物足りなさを感じます。

説明

切なさや悲しみをこれほどまでに訴えかけてくるようなサウンドが身上になるとは思ってもみなかったですが、非常にその感情に訴えかけてくるサウンドが実に素晴らしいですね。

ただのメタルコアバンドという見方はもう出来ないほどに楽曲の深みや渋さが出てきたな、というのがこの作品で感じた印象です。もともとはアグレッシブでテンションが高く、そして何よりブレイクダウンパートがむちゃくちゃ格好良くて、そしてサウンドの作り方にいぶし銀と言えるような職人気質的な格好良さを感じていたFor Todayが本作ではコンセプトがあるような、どうしても簡単に聴き流すことができない、難しさを感じさせるアルバムですね。
メタルコアバンドからの脱却?

勝手な予想ですけど、メタルコアバンドとしてブレイクダウンパートの重要性は非常に大事な部分ですけど、それが過去の作品よりも使っているパートが少なくなっているように見受けられますね。決してそれがなくなったわけではないけど、どこか物足りない。

アグレッシブさは減退し、独特の世界観・ムードを大事にするような、曲作りがされているような気がします。過去の作品との比較でしか語れないけど、どうもこの作品が過去の作品の延長であることに間違いはないのだけれど、どこか方向性を別のところに向けているようなどこか変化を強く感じて仕方がないのです。

非常にダークな印象が強いアルバムである

個人的にはタフな印象の前作「Fight The Silence」からタフさを少し減退させたようなサウンドが、どこか激しさをも減退させてしまった印象があります。まあそういった比較論でいうとどうしても違いはあるのは当然だけど、タフな印象から雰囲気を重視したサウンドに変化している気がしてならないんですよね。

ダークな雰囲気が強く、その暗さから重苦しい雰囲気をかなり意識しているように聴こえるんですよね。
あくまでメタルコアバンドであることに変わりはない

でもね、#2「Broken Lens」のように、曲の出だしからハイテンションで突っ走るわブレイクダウンはがっつりぶち込んでくるところはかなり格好いいし、#8「Determination」なんて前作「Fight The Silence」に収められていてもおかしくないタフで疾走感溢れたサウンドをしているし、少々激しさは減退しているけれどもブレイクダウンパートだってちゃんと盛り込まれている。あくまで私の好きなメタルコアバンドには変わりないんですけどね。

スポンサードリンク

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。
#1「No Truth, No Sacrifice」
#2「Broken Lens」
#7「Hopeless Ambition」
#8「Determination」
#9「Flooded Earth」

#1「No Truth, No Sacrifice」

Thy Art Is Murderみたいな不穏なSEから始まる出だしですが、かなりゆっくりなスタート。でも待ってました!と言いたくなるような疾走パートが展開するのにちょっと一安心。とは言ってもやっぱりゆったりとした暗いムードで展開していきますね。でもガツンとかましてくるブレイクダウンパートはやっぱり格好いんですよね。

#2「Broken Lens」

曲の出だしからハイテンションで突っ走っていくパートが何とも格好いいです。こういうのを待ってました!と言いたくなるようなパートで攻め立てるところがいいですね。そしてガツンとかましてくるブレイクダウンはまさにFor Today節炸裂といったところ。やっぱりFor Todayのブレイクダウンパートはめちゃくちゃ格好いいんですよね。これを聴きたかった!

#7「Hopeless Ambition」

この曲もテンション高い出だしですね。一緒にライブで暴れたくなるような格好良さを感じさせます。クリーントーンのボーカルのコーラス部分もまたいい味が出てますね。そして使われるブレイクダウンパートも実に格好いいです。重苦しくもかましてくるブレイクダウンパートはここでもやっぱり格好いいです。

#8「Determination」

この曲がこのアルバムの中でもメタルコア色が一番強い気がしますね。そしてタフなサウンドだな、って思います。ミドルテンポのパートがあるものの、疾走パートもしっかり使われていて、そのアグレッシブさが実に格好いんですよね。ライブでは盛り上がりそうな印象です。硬質でヘビーなサウンドがまた格好いいんですよね。

#9「Flooded Earth」

曲の前半の静けさを奏でるピアノのパートにうっかり騙される(?)ところだった…だってこれインストナンバーかと思ってたもので。。いや、1:28からメタルコアパートにガラッと変わるのですが、1:57からがっつりとブレイクダウンパートとボーカルの凶暴な咆哮が聴けるとは危ない…こういうブルータルなパートを期待してこのアルバムを聴いているのですがね…実に格好いいんですよね。

本作のマイナスかなーって思うところは?

ちょっとダークな雰囲気出しすぎじゃありません?もっと熱いサウンドが欲しい気持ちはちょっと心の奥にしまい込んでおきましたよ。。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

For Todayに対して色々期待してしまった部分は非常に反省すべきところなんですけど、かなりダークな雰囲気の、前作より落ち着きを感じさせるサウンドが特徴なので、その点についてはちょっと戸惑っています。個人的な印象ではもっとタフで熱いサウンドが欲しいと思っていたのでちょっと肩透かし。とはいえ、作品自体のレベルは高いアルバムだと思います。この作品は次につなげるための大きな一歩であるアルバムだと考えれば素晴らしいアルバムだと思いますよ。

映像

Broken Lens

評価

評価:★★★★★★★☆☆☆ (7.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。