【デスコア】Whitechapel 「Our Endless War」(2014)

スポンサードリンク

アルバムについて

アメリカはテネシー州ノックスビル出身のデスコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.Rise
02.Our Endless War
03.The Saw Is The Law
04.Mono
05.Let Me Burn
06.Worship The Digital Age
07.How Times Have Changed
08.Psychopathy
09.Blacked Out
10.Diggs Road
11.A Process So Familiar
12.Fall Of The Hypocrites

お気に入りの曲

02.Our Endless War
04.Mono
09.Blacked Out

好きなところ

激しくてブルータルなデスコアサウンドが熱いところ。

好きではないところ

特に無いですね。

説明

どぎついデスコアサウンドは相変わらず、とにかくブルータルであることを身上に、激しさ、えぐさ、ヘビーさなどとにかくデスコアサウンドとしてやれることは出し切っているのはないかと思えるほど最高に格好良いデスコアサウンドを詰め込んだアルバムに仕上がっていると思います。

とはいえどの曲もえげつなくブルータルと言うわけではなく、時には重苦しいヘビーなパートの曲もあったりしてバラエティに富んだ作品だと思います。重苦しいパートはミドルテンポで聴き手をじわりじわりと絶望の世界に引きずり込むような怖さを感じるし、とにかくえげつないほどえぐいブラストパートにて聴き手を鈍器で殴り倒すような殺人的残虐極まりないパートはとにかく危険だと肌で感じるほどどす黒い世界が広がります。

デスコアサウンドとして、本作は危険な世界観を作り出している点が素晴らしいと感じました。

本作のうりについて

残虐極まりない危険なデスコアサウンドが聴ける、と言う点ですね。派手さは感じられないものの、どぎつい世界観を本作に詰め込んでいる点ではWhitechapelの作曲センスには脱帽です。とにかくデスコアアルバムとしては非常に完成度が高く、デスコアアルバムとしては比較的聴き易いほうだと思います。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。
#2「Our Endless War」
#4「Mono」
#9「Blacked Out」

スポンサードリンク

#2「Our Endless War」

聊か派手さは無く落ち着いたパートから始まるものの、やはり前半から中盤に向けて激しく攻め立てるパートが聴かれます。そこが実にかっこよく、デスコアアルバムとして十分満足いく出来に仕上がっていると思います。

#4「Mono」

出だしのブルータルな始まり(ブラストするドラム、暴れんばかりの激烈デスコアナンバー)、激しく攻め立てる曲の構成は、デスコアナンバーであることがわかってていてもやはり圧倒させられてしまいますね。

#9「Blacked Out」

出だしこそ弱いなと思わせるものの、0:16からの疾走パートへのチェンジ、そしてブラストパートへの雪崩れ込み、そしてライブでは絶対客を煽るだろうとおもわせる「Blacked Out!」の繰り返しのコール、そしてとにかく重苦しいがそこが実に格好良いブレイクダウンパート、そして泣きのギターソロなどなど・・・非常に出来た格好良いナンバーだと思います。

本作のマイナスかなーって思うところは?

もっとぶち切れても良かったかなと思うのは求め過ぎで我侭な欲求でしょうか。本作に於いて少々激しさが物足りなく感じるのは自分だけ。まあ楽曲の完成度が向上しているとは思うので激しいばかりを求めるのは野暮な話なんでしょうね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

個人的には楽曲の質の向上を感じた本作。ブルータルさが少々抑え気味かな。と感じてしまったのはWhitechapelのことをまだまだ理解が足りない気がしています。それを踏まえてじっくり本作を聴きこんで見ることが大事かなと思いました。個人的には最近出たデスコアアルバムの中では完成度は高いと思います。聴き応え十分な作品だと思うので、是非本作をチェックしてほしいなと思います。

映像

Our Endless War

評価

★★★★★★★★★☆ (9.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。