【デスコア】Guardian 「Revolution」(2016)

スポンサードリンク

アルバムについて

イギリス出身のデスコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Resolution
02. Revolution
03. Politics
04. Innovate
05. Capitalism
06. Deliverance
07. Catharsis
08. Propaganda
09. Hope
10. Nomadic
11. Ambivalence
12. Restoration

お気に入りの曲

02. Revolution
03. Politics
04. Innovate
06. Deliverance
07. Catharsis
08. Propaganda
09. Hope
10. Nomadic
11. Ambivalence
12. Restoration

好きなところ:

クオリティが高いデスコアサウンドが格好いいところ

好きではないところ:

聴いていて少々だれてしまうかなと思わせるところですね。

テンションは高めの、メロデス風味を感じさせるデスコアアルバム

曲に勢いがあり、そういった意味では結構テンション高めなデスコアアルバムですね。メロデス風味のメロディをまき散らしながら疾走していくナンバーが非常に格好いいです。局のインパクトも結構高く、勢いを感じさせる部分は非常に格好良いと思います。ちなみに、メロデス要素が強い曲はアルバムの後半に収められている印象を受けました。アルバムの前半はデスコアっぽい歔欷が集中している印象ですね。

勢いだけでなくデスコア特有の重苦しいパートもある、激しさと重苦しさが盛り込まれたアルバム

勢いがまずこのアルバムでは印象的なのですが、非常にヘビーなサウンドも聴かれて非常にブルータルな印象を受けますね。どぎついデスコアサウンドが聴けるのは非常に嬉しいです。デスコアサウンドとして非常にブルータルな世界観が強烈なアルバムで、ガツンと来るようなインパクトも感じられる格好いいアルバムだと思いますね。疾走パートも格好いいし、ヘビーなパートも格好いいですね。

さらにテクニカルなパートも使われていて結構難しい演奏をしているなという印象を受けます

そもそもこのアルバムの演奏の難易度はとても高いと思うんですよね。とにかくこういうデスコアナンバーというのは難しいテクニカルな面で非常にレベルの高いものだと思うんですよね。爽快感を感じさせるパートも重苦しいパートも実に難易度の高いパートで構成された非常にテクニカルな演奏が組み合わさってできているため、聴けば聴くほど多くの発見があると思います。改めて聴いてみるとメンバーの技術には脱帽させられますね。

使われているブレイクダウンパートのエグさもアルバムの聴き応えのひとつですね

使われているブレイクダウンパートのエグさが非常に格好良く、デスコア好きな人にとっては格好良いといった印象を受けるかと思います。ブルータルな要素には欠かせないものだし、この点がなければアルバムの魅力は相当少なくなると思うので、その点が強調されているのが何よりも嬉しいポイントだと思います。だからデスコアアルバムを聴くのがやめられなくなるんですよね。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#2「Revolution」
#3「Politics」
#4「Innovate」
#6「Deliverance」
#7「Catharsis」
#8「Propaganda」
#9「Hope」
#10「Nomadic」
#11「Ambivalence」
#12「Restoration」

#2「Revolution」

テンション高く疾走するパートが非常に格好良く、聴いていてこっちのテンションンも否が応にも上がりますね。聴いていて気持ちよく、格好良いと思えるナンバーです。

スポンサードリンク

#3「Politics」

重苦しい出だしで、一聴してデスコアだとわかるサウンドですが、重苦しいパートからの疾走パートへの展開が実に格好いいです。思わずヘドバンしたくなるようなミドルテンポのパートも実に格好いいですね。

#4「Innovate」

相当ギターの音を歪ませたサウンドがかなり格好いいです。気持ちよく疾走するパートや、少しだけどブラストするドラムなどいろいろ詰め込んだ感のあるナンバーですね。勢いのあるブルータルなパートがめちゃくちゃ格好いいです。

#6「Deliverance」

とにかくヘビーなパートに一瞬驚いてしまうも、続く疾走パートで非常に興奮させられます。疾走パートはメロデス風味で、ブルータルなパートはとにかくカオティックな印象を受けますね。ミドルテンポ主体の曲ではありますが、結構ブルータルな印象を受けます。非常にネガティブな世界観を感じるナンバーですね。

#7「Catharsis」

ドライブ感に似たような印象を受けるナンバーで、さらにギターの歪ませ方も尋常じゃなく、Djentサウンドも使われているというヘビーな音作りと言った面では相当拘りを感じます。この音の歪ませ方やヘビーさがなんとも格好良いんですよね。

#8「Propaganda」

曲の出だしは非常に格好いい疾走パートで展開され、ドラムが気持ちよく暴れていますね。軽快なリズムとともに疾走していくところが格好良いんですよね。

#9「Hope」

ガリガリと削るようなギターのリフが格好良い曲です。この曲は非常にテクニカルな演奏を聴かせてくれる曲で、さらにカオティックな印象も強いです。疾走パートはメロデス風味を強く感じます。その点を判断するに、メロディ主体のナンバーですね。程よくブレイクダウンパートが使われているのもポイント高いです。

#10「Nomadic」

この曲もまたメロデス風のナンバーで、メロデス好きの人ならとても気に入るんじゃないだろうかと思わせる曲ですね。若干エレクトロ要素を使いながらも、疾走するパートなんかはメロデスと言っても言い過ぎではない表現だと思います。デスコアサウンド特有のブルータルな要素は少々落ち着いて、メロデス風味の構成となっているところが面白いですね。

#11「Ambivalence」

またまたメロデスナンバーの登場です。曲の出だしはもろメロデスですしね。アグレッシブさが目立つ非常に格好良い曲に仕上がっていると思います。程よくブレイクダウンパートが使われているところがポイントですね。

#12「Restoration」

ラストを飾るこのナンバーもメロデスナンバーです。疾走感がかなりあり、勢いを非常に感じさせるナンバーです。

本作のマイナスかなーって思うところは?

聴いていて少々だれてしまうかなと思わせるところがある点ですかね。曲自体それほど目新しい部分が見当たらなかったのがその要因となっているのかもしれませんね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

デスコア要素とメロデス要素を感じさせる面白いアルバムだと思いました。デスコア好きな人にもメロデス好きな人にもお勧めできるアルバムだと思うので、チェックしてみるといいかも知れませんね。

映像

Guardian

評価

★★★★★★★★☆☆ (8.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。