【デスメタル】Brutality 「Screams Of Anguish」(1993)

スポンサードリンク

アルバムについて

アメリカはフロリダ州タンパ出身のデスメタルバンドのアルバム。
【※※※注意※※※】
本作はかなり古いアルバムで、今聴くにはかなり古臭く、そして何より私の思い出補正も入っているので、本作に手を出すのは、「あくまで10年以上も前のアルバム」と言うことを念頭にチェックしてみてください。音質は籠り気味だし、プロダクションも今聴いてみると少々貧相かなと思われるため、いきなり手を出すには十分気をつけてくださいね。
リアルタイムで聴いていたときはめっちゃブルータルで格好良く聴こえたんです!まあ歳はとりたくないもんですね・・・。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.These Walls Shall Be Your Grave
02.Ceremonial Unearthing
03.Sympathy
04.Septicemic Plague
05.Crushed
06.Spirit World
07.Exposed to the Elements
08.Cries of the Forsaken
09.Cryptorium
10.Spawned Illusion

お気に入りの曲

01.These Walls Shall Be Your Grave
02.Ceremonial Unearthing
09.Cryptorium

好きなところ

・ブルータルかつ泣きのギターソロが実に格好良いです

好きではないところ

・少々飽きを感じてしまうところ。

説明

フロリダ州タンパ出身ということもあり、ブルータルなデスメタルとしては当時は申し分無い出来栄えで「うおおおお。こんなにブルータルで格好良いバンドがいたなんて。」とめちゃくちゃ嬉しく思いながら本作を聴いていました。それこそタンパ出身のバンドと言えばもうエリートの称号を得たようなもの。あのMorbid AngelにDeicideといったエリート(?)達の出身(当時と言えば当時の話ですが)と言うこともあってめちゃくちゃ今後を期待したバンドがこのBrutalityでした。

本作のうりについて

とにかくブルータル要素の強い作品で、ブラストするドラムの迫力は、リリース時に聴いていたときはそれはもう凄まじかったし、そして何より本作の最大の特徴として、泣きのギターなんですよね。ブルータル一辺倒であるにもかかわらず、ところどころで泣き上げるギターソロが特徴的であり、本作のうりでもあります。ブルータルなインパクトの強烈さと泣きのギターが本当に強烈な印象を受けたのは今でも思い出されます。

スポンサードリンク

単なるブルデスでしょ?と思いきや、くどいほどにメロディアスなギターの存在に驚かされる

ブルデスだけれども、こんなにもメロディアスなギターを盛り込んだアルバムは珍しいですね。今聴いてもここまで極端にベタベタのブルータルなデスメタルに、メロディアスなギターを盛り込んでびっくりしました。それほどにこのアルバムは単なるブルデスアルバムだと聴き流すわけにはいかないほどに際立っているアルバムだと思います。とにかくここまで泣かなくていいだろうと思うほどにギターが泣きすぎてびっくりですね。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。
#1「These Walls Shall Be Your Grave」
#2「Ceremonial Unearthing」
#9「Cryptorium」

#1「These Walls Shall Be Your Grave」

出だしの激烈なブラストするドラム、そして泣きまくるギターが本当に強烈です。素直に格好いいんですよね。

#2「Ceremonial Unearthing」

この曲も出だしの激烈なブラストするドラム、そして泣きまくるギターが本当に強烈です。その強烈さに圧倒されまくったのを思い出しました。

#9「Cryptorium」

この曲も激烈なブラストしまくるドラムの音圧が凄まじく、本当に圧倒されます。

本作のマイナスかなーって思うところは?

アルバムの中盤あたりの曲は比較的大人しめの曲が並んでいるので物足りなさを少々感じてしまいますね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

バンドの名前通り、ブルータルな要素が強いアルバムなので、ブルデス好きの人にお勧めできる作品だと思います。まあかなり古いアルバムなので音質面でちょっとのめり込めないかも知れません。でもかなり激しい作品なので個人的に好きなアルバムです。

映像

These Walls Shall Be Your Grave

Ceremonial Unearthing

Cryptorium

評価

評価:★★★★★★★★☆☆ (8.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。