スポンサードリンク

イメージ

60644488

アルバムについて

スペインはマラガ出身のDjent/デスコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.The Seed (Pt. Ii)
02.La Causa
03.Rebirth
04.Mental Disorder
05.Contradiction
06.White Rhino
07.Black Rhino
08.My Own God09.Concrete Particle
10.The Path

お気に入りの曲

01.The Seed (Pt. Ii)
02.La Causa
04.Mental Disorder
06.White Rhino
07.Black Rhino
08.My Own God

好きなところ

とにかく演奏がテクニカルなところ。

好きではないところ

少しクリーントーンパートのボーカルで線の細い感じのボーカルの歌い声が苦手かも。

説明

かなりテクニカルな演奏を披露していますね。
Djentの要素を取り込んだ歪んだギターが渋く、相当の演奏技術を持ち合わせたバンドだと思います。
テクニカルな演奏でグイグイ押し切る様な強引な演奏の展開に驚かされますね。
歪んだDjentのギターの音の繰り返しが実に格好いいですね。
同じ音の繰り返し、同じリフの繰り返される歪んだギターリフの応酬、単調に聴こえるようで実は複雑な演奏の展開…などなど複雑な展開で構成されたプログレッシブな内容となっています。
全体的にはミドルテンポの曲が多い中、そのミドルテンポで展開されるリズムを「ずらした」普通ではない奏法が曲の複雑さをより推し進めており、プログレッシヴな装飾でどんどん先に展開していくさまは圧巻の一言です。
とにかく難しくて複雑で、テクニカルでプログレッシブで…本作を語るのはたくさんの言葉・描写が必要であり、そこそこの言葉量だけでは表現しきれない部分が多く、テクニカルな側面においてかなり深い作品だと言わざるを得ないくらい難解な出来となっていますね。
#4「Mental Disorder」のようなDjentバリバリの歪んだサウンドは、V3ctorsというバンドがどういったサウンドを作りたいんだろうか?という疑問に答えてくれるナンバーだと思う。複雑だけどそれほど敷居が高いものでもないので、テクニカルなメタルコアが好きな人なら面白く感じて貰えるんじゃないかと思いますね。テクニカルに過剰に走りすぎているわけではないので、とっつきにくいというものではないです。複雑だけど、聴き込んでみると聴き応えのある作品であるとわかると思いますしね。
素直にこの複雑さこそが格好よく感じさせる大きな要因でまりますからね。
テクニカル要素を多く取り入れたメタルコア作品が好きな人ならオススメしたいアルバムです。

映像


評価

★★★★★★★☆☆☆ (7.0)

スポンサードリンク