スポンサードリンク

イメージ

analbeads

アルバムについて

オーストラリアはブリスベン出身のデスコアバンドのミニアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.Introduction
02.Crushed By The Idiocracy
03.Misanthropy

04.Man’s Hollow Becoming
05.Divinity’s Devourment

お気に入りの曲

02.Crushed By The Idiocracy
03.Misanthropy

好きなところ

ブルータルな要素とメロデス要素が上手くマッチしているところ。

好きではないところ

もう少しぶちぎれたサウンドでも良かった気がする

説明

もうね、このアルバムはね典型的なメロディックなデスコアサウンドアルバム。
メロディアスなサウンドが使われていて、基本ベースはグロウル型の低音のボーカル、ブレイクダウンもほどほどに使われている・・・と、基本はしっかり抑えているようなデスコアサウンドです。
メロディが実に良い感じで、ブルータルな突っ走り型の演奏(特にドラム)と上手くバランスの取れた演奏をしていますね。聴いていてなかなか気持ちいいです。
ブルータルとは言いましたが、そんなにどぎついブルータルな感じではなく、実はメロディ重視なサウンド作りをしてるんじゃないかなって思うくらいきつさは無いですね。案外メロデス風味の要素が強いかなと思うくらいです。
色んなデスコアバンドがいますけど、このアルバムに関しては、デスコアなんだけど、メロデスの要素も強いので、メロデスが好きな人にもお勧めできる作品じゃないかと思います。
デスコアサウンドが苦手って言う人で無ければの話ですけどね。
程よくブルータルに、程よくメロディアスに・・・そんな要素を有する本作はなかなか聴き応えがある内容なんのでチェックしてみるといいかもしれませんね。

映像

Crushed By The Idiocracy

Misanthropy

評価

★★★★★★☆☆☆☆ (6.0)

スポンサードリンク