スポンサードリンク

イメージ

YSTS-ALBUM-COVER-624x624

アルバムについて

アメリカはマサチューセッツ州マウント・ホリヨーク出身のデスコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.Half-Empty
02.(Sin)Ical
03.On My Own
04.Counterfiction
05.Mindfuck
06.Guilty Pleasures
07.Frigid
08.Parasite
09.Sun Beneath The Moon
10.Hellbound
11.Hopeless Shelter

お気に入りの曲

02.(Sin)Ical
05.Mindfuck
08.Parasite

好きなところ

アップテンポなパートが目立つ中、ブルータルなデスコアサウンドの格好良さが好きですね。

好きではないところ

少々だれてしまうところ。

説明

とにかくテンションが高く、ハードコア譲りの勢いに任せるような激しいサウンドが印象的。テンションの高い曲が多いので最後まで勢いにのって聴き通せるところがなかなか面白いと思いますね。ボーカルが少々ラップ調なのがなかなか面白いと思いました。(特に#5「Mindfuck」は強く感じました。)

本作のうりについて

先述した通り、勢いに任せて突っ走るところが本作の売りだと思いますね。こういう勢いで聴き通せるアルバムは聴いていてなかなか楽しいですね。時にブルータルに攻め立てる曲もあるのでデスコア好きにもお薦めしたいアルバムだと思います。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。
#2「(Sin)Ical」
#5「Mindfuck」
#8「Parasite」

#2「(Sin)Ical」

非常にブルータルなバックのデスコアサウンドに高速ラップを上被せして乗りよく暴れる曲に仕上がっているところが実に格好いいです。

#5「Mindfuck」

曲の出だしからボーカルが勢いのあるラップを披露し、そしてノリの良いアップテンポのサウンドを聞かせてくれるところが格好いいです。激烈に重苦しいヘビーなデスコアサウンドもしっかり聴かせてくれます。

#8「Parasite」

非常にアップテンポの勢いのある曲で、テンションの高さがなかなか格好いいです。ノリが良くてライブ会場でかなり暴れたいと思わせる曲なんじゃないでしょうか。曲の中盤の暴虐的なボーカルとエグいブレイクダウンとが本ナンバーの格好良さを引き出していると思いますね。

本作のマイナスかなーって思うところは?

あまり感じられなかったですね。ノリのよさとブルータルなデスコアっぽさとが上手く取り入れられて格好良く仕上がっている曲が多いと思いました。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

デスコア色を感じさせるものの、ボーカルのラップ調なところが個人的には面白く、結構はまっています(全部がラップ調って訳ではないですけどね。)まあデスコアサウンドとしてはなかなかノリのある曲が目立つので素直に格好いいなって思えた一枚でした。

映像

Mindfuck

評価

評価:★★★★★★★☆☆☆ (7.0)

スポンサードリンク