スポンサードリンク

イメージ

a3020765687_10

アルバムについて

オーストラリアはニューカッスル出身のDjent/テクニカルデスコアバンドのミニアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.The Afterlife
02.Shapeshifter
03.Crowns
04.Transperency
05.Harvest

お気に入りの曲

01.The Afterlife
02.Shapeshifter
04.Transperency

好きなところ

テクニカルなリズムやリフが格好良いところ。

好きではないところ

かなり重苦しいサウンドであるところ。

説明

非常にテクニカルな印象で、はじめに聴いたときはただブルータルなデスコアかな?と思いきやリズムやリフの構成など複雑な悩ましい展開を見せるので、この作品を最後まで聴き通すには一筋縄には行かないなーと思ったのが最初の印象。だたし結構サウンドの印象が重苦しいため、長く聴き続けるには体力が聊か必要だと思われます。デスコア初心者にはあまりお勧めできないかなと思ってます。まあそれでも聴きこむには意味のある作品だと思っているのでただ重苦しいネガティブなイメージ敬遠しては欲しくはないなとも思っています。

また、ボーカルの咆哮からしてハードコア畑にいたんじゃないかと思うくらいタフなスタイルなので、ボーカルを聴いただけだとデスコアにハードコア要素を取り入れたんじゃないかと思ってしまうかもしれませんね。

本作のうりについて

なんといってもタフな印象を受けるそのサウンドで、テクニカルな要素も強いところですね。デスコアっちゃーデスコアなんだけど、かなり重苦しいところもサウンドとしては聴きどころではあるので、ブルータルな印象だけに留まらずかなりヘビーな印象が本作の一番の売りだと思います。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「The Afterlife」
#2「Shapeshifter」
#4「Transperency」

#1「The Afterlife」

アルバム全体の印象が重苦しいながらも、この曲は結構突っ走るタイプの曲なので、なかなか熱気のあるテンションが高いナンバーなので個人的にはお気に入りです。

#2「Shapeshifter」

アップテンポだが重苦しいサウンドで構成されていながらも、なんとDjent要素が強く使われていて、テクニカル要素ではこの曲が本作の中でも一番かと思います。そこが個人的に好きなんだと思います。はき捨てるシャウトもなかなかぐっと来るくらい格好良いですね。

#4「Transperency」

0:51から始まるDjentサウンド+ブレイクダウンパートはえげつないほどに格好良くてブルータル過ぎるほど圧倒的なその激しさがめちゃくちゃ格好いいです。

本作のマイナスかなーって思うところは?

アルバム全体的に重苦しさが強すぎるところかと思います。重苦しすぎるとかなり体力が必要&奪われていくのでずーっと重苦しいサウンドが続くのはなかなか大変だったりしますね。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

デスコアアルバムとしての本作に対する評価としては合格点であると思っています。重苦しいサウンドだけに好みの分かれるところだと思いますが、予想外にテクニカルな構成の曲が目立ったのでその点が実に楽しめたポイントだったと思っています。重苦しいサウンドはそれほど気にならなくて、テクニカルデスコアナンバーが好きな方にはお勧めしたいアルバムだと思いますね。

映像

Shapeshifter

評価

★★★★★★★☆☆☆ (7.0)

スポンサードリンク