スポンサードリンク

映像

説明

最近気が付いた事実。それはSolution .45の新作「Nightmares In The Waking State – Part I」が11月20日に発売されるということ。
それにしても気が付かなかった…まあPVがアップされていたので、ちょっとチェックしてみると、これが実にいい。ちょっとびっくりしたくらいですからね。

キラーチューンとなり得るのに十分な曲ですね

演奏は本当に素晴らしいですね。インパクトもかなりあるので本当に心底素晴らしいと思わせるに十分な出来栄えですね。個人的には3分から4分くらいで収めてくれたほうが個人的には嬉しかったかも。

クリスチャン・アルヴェスタムがボーカルを担当するとほとんどScar Symmetryに聴こえてしまうのはもはやあるあるですよ

にしてもクリスチャン・アルヴェスタムが歌うとこうもScar Symmetry化が加速しますなあ…。まあ野暮な話ですけどね。本当にクリスチャン・アルヴェスタムの歌声は素晴らしいですね。バンドを変えてもその素晴らしさは色褪せることはない本当に最高のシンガーだと思います。

曲の説明

時間 説明
0:00~ AFM Recordsのロゴが映像に移り、軽くオープニングを飾ります。
0:05~ そしてここから曲が始まります。ザクザク刻まれるヘビーなギターが非常に続々させられる。曲の幕開けに心の底から痺れるこの感覚がたまらない…
0:11~ ここでドラム登場。アグレッシブなドラムが嫌が応にもテンションを早くもMAXに近いくらいに盛り上げる格好良さを感じさせますね。この曲がライブで演奏していたら客全員はヘドバン必至ですね!めちゃくちゃ格好いい!!
0:23~ ここでお待ちかね、強烈なグロウルするクリスチャン・アルヴェスタムの歌声登場。相変わらずめちゃくちゃ格好いい咆哮を聴かせてくれますね!
0:47~ 来ました!待ってましたとも!!クリスチャン・アルヴェスタムの美しくも哀しみに訴えかけるような美しいクリーントーンの歌声。これこそSOLUTION .45を聴いている理由と言っても言い過ぎではないこのクリスチャン・アルヴェスタムの歌声によってこの曲がキラーチューンとなりえている最大の理由なんですね。しっかし美しいなあ…惚れ惚れします…。しっかしクリスチャン・アルヴェスタムの美しい声を聴いてしまうと完全にScar Symmetryになっちゃうんだよなあ…(;´・ω・)
1:18~ Keyのソロ登場。スピード感そのままに流麗なソロがまた実に素晴らしいんですよね。
1:31~ 0:23~と同じように、噛みつかんばかりに襲い掛かってくるようなクリスチャン・アルヴェスタムの咆哮が再度登場し、非常に激烈な印象を受けます。実に格好いい!
2:06~ 0:47~で登場したクリスチャン・アルヴェスタムの美しい歌声が登場し、非常に美しい歌声が聴き手を魅了します。胸が苦しくなるような悲しみに満ちた何とも切ない声…本当に素晴らしいの一言です。しかしなんていう素晴らしい声なんでしょうね。ライブで一緒に歌ってみたい!
2:42~ 曲は一変し、一気にスローダウン。時にメロウなギターソロもわずかながら挿入されます。盛り上がっていたテンションも小尾でクールダウンして一息つくような印象のパートですね。なんだか呟いているような、何とも気味の悪い印象を受けるパートです(←表現が悪かったらごめんなさい)
3:06~ 呟くようなボーカルは姿を消し、ゆったりとしたムードを作り出すギターソロがメインのパートに移行します。
3:18~ 激烈で噛みつかんとばかりに暴れ出すようなクリスチャン・アルヴェスタムの咆哮が一気に曲の暴虐性を目覚めさせます。これぞクリスチャン・アルヴェスタムの持ち味である印象強いデス声が本領発揮していますね。
4:02~ 暴虐性は鳴りを潜め、爽やかな歌声が美しいクリスチャン・アルヴェスタムの声が登場し、ここでも聴き手の心に訴えかけるような美しい声に再度魅了されます。
4:27~ 曲も終盤に差し掛かり、ここで美しいギターソロが登場し、曲をとにかく盛り上げてくれます。
4:51~ さて曲も本当の終盤。エンディングに向けてクリスチャン・アルヴェスタムが美しく歌い上げます。ヘビーな演奏と共に曲は終わります。

最後に

Solution .45のリリース予定の新作「Nightmares In The Waking State – Part I」はAFM Recordsからリリースされるようです。発売日は11月20日。ちなみに、国内盤は発売されないのでしょうか?

スポンサードリンク