スポンサードリンク

イメージ

Born Of Osiris-00-Soul Sphere

アルバムについて

アメリカはイリノイ州クック郡出身のデスコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. The Other Half Of Me
02. Throw Me In The Jungle
03. Free Fall
04. Illuminate
05. The Sleeping And The Dead
06. Tidebinder
07. Resilience
08. Goddess Of The Dawn
09. The Louder The Sound, The More We All Believe
10. Warlords
11. River Of Time
12. The Composer

お気に入りの曲

01. The Other Half Of Me
02. Throw Me In The Jungle
03. Free Fall
04. Illuminate
05. The Sleeping And The Dead
06. Tidebinder
07. Resilience
10. Warlords
11. River Of Time
12. The Composer

好きなところ

プログレッシブでシンセのスペーシーな装飾が美しく、かつデスコア要素のゴリゴリとしたメタリックなサウンドが格好いいところ。

好きではないところ

本当に素晴らしい曲ばかりではあるものの、少々派手さを抑えているようなパートがなぜか気になったところ。

説明

もうSumerian Recordsの看板バンドとして君臨するプログレッシブ度の強い相変わらず難解な曲を作り続ける素晴らしいバンドです。シンセの装飾を多用し、曲に華やかさを感じさせる作風は本作でも健在ですね。そういった意味では前作「Tomorrow We Die Alive」の延長上であると言えるかもしれませんね。個人的には曲への装飾による色付けを抑えたような印象を受けました。若干ですけどね。そしてメタリックな印象が強まった気がします。それほど違和感は感じさせないので問題はほとんどないですけどね。

相変わらずのプログレッシブ度数の高い作品

Born Of Osirisの売りは何といってもプログレッシブ要素の強い、時にスペーシーな浮遊感に近い感覚のサウンドを曲の中で聴かれる点、そしてDjent要素をしっかりと使い、そしてメタリックな部分も感じさせるサウンドであるところ。演奏技術は高い次元にあるほどにレベルは高く、作品の安定感は抜群ですね。各曲を聴き進めてみるとBorn Of Osirisというバンドのポテンシャルの高さを感じさせる曲ばかりでファンを満足させてくれる、しっかりと期待に応えるレベルの高い楽曲が本作においても詰められています。

前作「Tomorrow We Die Alive」よりはインパクトは弱いかな。

個人的にインパクトの強さを感じたのは#3「Free Fall」と、#7「Resilience」だったのですが、やはり目玉となる曲はしっかりとアルバムの中で収められていて、本当にさすがとしか言えない完成度に驚いてしまうのですが、個人的には前作「Tomorrow We Die Alive」のほうがインパクトを感じましたね。前作「Tomorrow We Die Alive」のほうが印象に残るというか、インパクトを受けた曲が多かった気がします。比較してあれこれ言うのはあまりフェアじゃ無い気がしますけどね。#1「Machine」のインパクトが強すぎて。。

個々の曲の出来栄えは素晴らしい。素晴らしいがゆえに…

文句なく曲自体は素晴らしいと思っています。それは、聴けば聴くほどにその素晴らしさがじわりじわりとわかってくる感覚なんですよね。でもどうもすんなりとその素晴らしさが入ってこないもどかしさがあります。どうも色々考えてしまうような、というとやはり曲自体の難解さがあるのでは?と思ってしまうんですね。それはたぶん曲のレベルが高すぎて私が追い付いていないのではないかな?と思うんですよね。そういった意味では、#3「Free Fall」と、#7「Resilience」が本当にわかりやすくてインパクトもあるし、「おお!?めっちゃ格好いい!!俺たちのBorn Of Osirisキタ――(゚∀゚)――!!」的な、ガッツポーズを決めちゃうような、そんな歓喜の雄たけびをあげちゃうような、そういう曲が欲しいと無理に求めすぎてしまったのかもしれませんね。#3「Free Fall」は特に強烈だったと思うんですよ。

キラキラしている煌びやかなサウンドに猛烈に反応してしまいました。。

PVのレビューでも取り上げた#3「Free Fall」。これはちょっとずるいなあ、と思うわけですよ。というと全くの素人的な発言なんですけど、#1「The Other Half Of Me」と#3「Free Fall」を比べると、やっぱり(私が)食いつきがいいのは#3「Free Fall」になっちゃうんですよね。ヘビーな出だしでちょっと地味(←ごめんなさい)なものを1曲目から出されちゃうとちょっとテンションが下がってしまったわけで。いや、#1「The Other Half Of Me」のことを悪く言ってるんじゃないです。しっかりとしたプログレッシブで複雑な展開を見せるBorn Of Osirisらしさを感じさせるパートはしっかりあるのはわかったのですが、曲を聴いて、「あれ?ちょっとおとなしい気がする…」と、ちょっと聴き込んで理解しようとしていた自分がいてそれがすっごい嫌だったんですよね。

それに対して#3「Free Fall」のキラキラ煌びやかーなサウンドでもうガッツポーズですよ。「そうそうこれだよこれ!ちくしょう!これだからBorn Of Osirisは最高だってんだ!」なーんて思ったわけで、こういう印象に残るような曲に出会えて幸せに思ったわけです。

でも上に書いたことはあくまでアルバムの聴き始めの感想なんですよね。だってBorn Of Osirisですよ?そりゃあ大好きなバンドのアルバムの最初の印象をすっごく大事にしてるし、それこそ正座して若干緊張しながらも、ドキドキしながら「今度はどれだけ感動させてくれるのかな?ドキドキが止まらない…」って思いながら聴こうとしたわけなんですよ。こういう気持ちってのは、他にはVeil Of Maya、Within The Ruins、After The Burialくらいかな。今思えばAfter The Burialでは「In Dreams」、Within The Ruinsでは「Phenomena」を初めて聴くときは緊張したし、Born Of Osirisの作品も毎回初めて聴く前は緊張する…

さて、Born Of Osirisはどのように進化していくんでしょうね?

私がBorn Of Osirisのアルバムで最初に出会ったのが「The New Reign」。今思えばかなりシンセの装飾のないメタリックでテクニカルなデスコアバンドという印象でした。そして何より、「The New Reign」がVeil Of Maya の「The Common Mans Collapse」に近い作風だと思っています。今のBorn Of OsirisとVeil Of Mayaでは、Born Of Osirisのほうがより硬派なイメージがあるんですよね。Veil Of Mayaはクリーントーンのボーカルが採用されていますしね。そういった意味ではBorn Of Osirisのほうがアンダーグラウンドのイメージがまだ濃いような気がします。

さて、話が脱線してしまいましたが、「Soul Sphere」までBorn Of Osirisのアルバムをさっと思い返してみると非常にプログレッシブでシンセの装飾の強い印象を受けるアルバムに進化したなー、というのが正直なところ。テクニカルな度合いはやっぱり強いけど、Born Of Osirisの特徴としてはシンセの装飾を強めてきている点ですね。「The New Reign」でもシンセの装飾が見られる曲というのもあるけど、やっぱり非常にメタリックな要素が強かったし、た拍子で今日のリズムも変則的に、そして「The New Reign」にはDjentの色付けも強かったと思います。シンセの装飾を強めた作風でこの先のアルバムも作られていくんでしょうね。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「The Other Half Of Me」
#2「Throw Me In The Jungle」
#3「Free Fall」
#4「Illuminate」
#5「The Sleeping And The Dead」
#6「Tidebinder」
#7「Resilience」
#10「Warlords」
#11「River Of Time」
#12「The Composer」

#1「The Other Half Of Me」

若干ヘビーさが強いナンバーですね。ミドルテンポで展開していきシンセが使われスペーシーな印象を感じさせるもどことなく地味な印象を受けてしまう。ただ淡々と曲が進んでいくような印象が何とももどかしいけれども、プログレッシブ的な要素、デスコア要素もしっかりと取り入れられており、そして曲の中間部で聴かれるギターソロが何ともいい味を出しています。

#2「Throw Me In The Jungle」

Sumerian Recordsの公式アカウントでYouTube上に公開されていた曲。早い段階でこの曲を聴くことができていました。この曲もゆっくりとした出だしでなんとなく派手さを感じさせないもどかしさを感じてしまっていたが、シンセの装飾や広がりを感じさせるスペーシーな色付けが、ヘビーな曲に実に映えるんですよね。ブレイクダウンパートもところどころに使われていて心地よく格好いいです。

#3「Free Fall」

PVのレビューで取り上げた、この曲の格好良さに魅了されていまだに聴き続けている曲です。やっぱりシンセの派手さが実に格好良くて、ブレイクダウンパートやデスコア要素が実に格好いんですよね。ゴリゴリと削るようなギターのパートがめちゃくちゃ格好いいです。

#4「Illuminate」

1:49で聴かれるDjentの歪んだギター、そしてブレイクダンパートのゴリゴリとした質感の格好良さが本当に好きなんですよね。3:21辺りでエンディングに向けて盛り上げつつ、3:32辺りにテクニカルでブレイクダウンパートでガツンとかましてくるあたりはさすがと言ったところ。

#5「The Sleeping And The Dead」

非常にテクニカルで変拍子を多用した曲の出だしに、スペーシーなシンセの装飾が実に格好いいですね。このリズム感は癖になりますね。ギターがメロディアスでありながらもテクニカルな演奏を聴かせてくれます。

#6「Tidebinder」

デスコアサウンドでありながらシンフォニックな装飾が実に格好いいですね。シンフォニックな要素がかなり強いナンバーです。ライブではタテのりで客がめちゃくちゃ気持ちよく乗れて、自分も一緒にヘドバンしたくなる曲ですね。浮かびますね。

#7「Resilience」

この曲は#3「Free Fall」に次いで好きなナンバーです。非常にメロディアスなギターの存在感が強く、気持ちいくらいに泣いてくれるところが好きですね。非常に印象に残る曲で、今でもこの曲を最初に聴いた時の「Born Of Osirisスゲ――(゚∀゚)――!!」感がハンパなかったです。ここまで気持ちよく流麗に泣いてくれるギターは聴いている私をウットリさせてくれるんですよね。3:13で聴かれる、「ここで最後の力を100%出し切らんばかりにエンディングに向けての最高潮」感は実に凄いものがあります。

#10「Warlords」

ピアノの装飾が美しくも、ゴリゴリのメタリックなサウンドとの対比が面白く、ヘビーさが実に強調されていて格好いいんですよね。ザクザク刻まれるギターの格好良さも実に光っていますね。

#11「River Of Time」

プログレッシブ度数は非常に高めで、難解な曲展開に驚かされます。こういう難解な曲を作れてしまうところがBorn Of Osirisの凄いところだと思います。シンセのスペーシーな装飾が実に素晴らしく、非常に芸術性の高さを感じますね。ぐいぐいとその世界観に引き込まれて行くような魔力めいた力を感じさせるところが本当に素晴らしいです。

#12「The Composer」

非常にテクニカルなナンバーですね。この曲も難解な曲で変拍子を多用し、そしてプログレッシブな要素も強く、そしてアグレッシブなパートが実に格好いいです。シンフォニックな要素も強く、バラエティに富んだ曲展開に興奮させられますね。非常に複雑に構成されたテクニカルなナンバーだと思います。

本作のマイナスかなーって思うところは?

本当に素晴らしい曲ばかりではあるものの、少々派手さを抑えているようなパートがなぜか気になったかな。。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

Born Of Osirisのことが好きな人は全くと言っていいほどに満足いく内容だと思います。基本的には前作「Tomorrow We Die Alive」の延長上である作品だと思いますからね。楽曲のレベルは非常に高く、安定して聴けるレベルのものばかりです。お勧めのアルバムです!

映像

Resilience

評価

評価:★★★★★★★★★☆ (9.0)

スポンサードリンク