スポンサードリンク

イメージ

Hate-Eternal-Infernus-43737-1

アルバムについて

アメリカはフロリダ州出身のデスメタルバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. Locust Swarm
02. The Stygian Deep
03. Pathogenic Apathy
04. La Tempestad
05. Infernus
06. The Chosen One
07. Zealot, Crusader Of War
08. Order Of The Arcane Scripture
09. Chaos Theory
10. O’ Majestic Being, Hear My Call

お気に入りの曲

01. Locust Swarm
02. The Stygian Deep
04. La Tempestad
06. The Chosen One
08. Order Of The Arcane Scripture

好きなところ

最高にブルータルなデスメタルが聴けるところ

好きではないところ

かなり聴き続けるには体力がいるところ。(ってブルデスだから当たり前か。。)

説明

もうブルデスという音楽において説明不要と言ってもいいくらいに代表格となったHate Eternal。そんな彼らが久しぶりにアルバム「Infernus」をリリースしていたことを忘れていたのでどんなアルバムかと聴いてみると…もうこれがねとんでもなくブルータルなんですよ。全く音楽の暴力性や無慈悲なほどに全てを殺戮し尽くすかのようなブルデスサウンド。全く変わってないですね、このバンドは。(←褒めてます)

いい意味で何も変わっちゃいない

まったくもって何も変わってないですね。過去の作品と同じ、どこを切ってもブルデスの応酬。一聴してHate Eternalのサウンドだとわかる音作り。そして不穏なほどに不吉な世界観。デスメタルということがこれほどまでに相応しいサウンドはさすがの一言。今までのファンの期待を全く裏切らないスタンスが格好いいですよね。このサウンドは怒りや憎悪からくるものなのか?負のパワーから湧き上がるエネルギーが解放され、これほどまでに強烈無比なサウンドが生まれてくるのであれば、とんでもなく怒ってますねー。ドラムにギターにベースにボーカル、全てが怒りに満ち溢れ、爆発しているこの禍々しい世界は楽器全てが怒りで満ち溢れている。正常な精神では作り出せないほどに恐ろしいデスメタルの世界が広がっているアルバムだと思います。

Hate Eternalは最高のブルータルなデスメタルバンドと思わせる会心の作品

それにしてもここまでブルータルな音楽に忠実に作り出すそのクリエイティブな精神とは何なんでしょうね。全く隙がないというか。ブラストするドラムの破壊力は尋常じゃないし、なんていうかオーラ出まくり!な強烈な存在感を放っているところが凄いと思うんですよね。数多あるデスメタルのアルバムの中でも、ここまでのオーラを出せるバンドっていないんじゃないかなと思います。そりゃあエリック・ルータンが元Morbid Angelの肩書を持っていることからしてもやはり才能溢れる人だからこそここまで素晴らしいデスメタルアルバムを作れるんだろうし、最高にプロフェッショナルな人であるし、そして他のメンバーやスタッフ、プロデューサーにエンジニアなどなど素晴らしい人たちがいるからこそこれほど最高のアルバムを作れるんだろうと思います。

ドラマーが変わったんですね。

さて、ドラマーが本作では「Chason Westmoreland」なる人物が担当しているようですね。前作までは「Jade Simonetto」なる人物が担当していたみたいです。
しかし「Chason Westmoreland」というドラマー、調べてみると、1989年生まれの人でまだ若い。何と「Oceano」のドラマーだったようです。(但し期間は短かったようですが(1年弱程度?))

そして気になるのは現在掛け持ちで(メインはHate Eternalだと思うのですが実際はどうなんでしょう?)、以下のバンドも担当しているようです。

ほかのバンド

Burning The Masses(パーソナルなメンバーだそうです)
The Faceless(ライブでヘルプ担当?)
Fallujah(こちらもライブでヘルプ担当?)

つーかBurning The Massesって活動してるんだろうか?
まあドラマーの力量としては問題ない人物ですね。

YouTubeに彼が演奏している映像が観れるのですが、これは…凄まじい…

Pathogenic Apathy

その他映像

安定感抜群のアルバム

ブルデスとしての激しさは決して落ちることなく、むしろ格段にレベルアップしている印象さえ受けます。ドラマーの凄さもバンドの演奏の安定感に貢献しているようですし(どう見てもメタルっぽい風貌ではない人ですけど…)。#1「Locust Swarm」なんてイントロなしにいきなりギターの暴れっぷりはやり過ぎだわ、ドラムはブラストするわ、ボーカルは「グワーーー!!」って襲い掛かってくるしまったくもってずるい!くそっ!不意打ちとは!?気合入り過ぎだよ!( ;∀;)と突っ込んだものです(←心の中で)。
まさにブルデス界の帝王と言っても言い過ぎではないほどに、存在感の凄まじい堂々とした傑作なのではないかと私は思うのです。

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「Locust Swarm」
#2「The Stygian Deep」
#4「La Tempestad」
#6「The Chosen One」
#8「Order Of The Arcane Scripture」

#1「Locust Swarm」

先述した通り、気合入りまくり!やっぱりこのくらい気合十分な曲を1曲目からガツンとかましてくれるとなぜかホッとさせられます。なんていうか、お帰りなさい的な感じ(?)。全く持ってブルータル一直線なサウンドが心を熱く滾らせてくれるんですよね。もうノックアウト寸前です。とにかくブルータルで決して優しさなど存在しない無慈悲な殺戮に骸を積み上げていくような残虐な恐ろしい世界が広がるナンバーです。

#2「The Stygian Deep」

まったくもって攻撃の手を休めないデスメタルナンバー。勢いは#1「Locust Swarm」よりも少し落ちたかな?いやブルータルなナンバーとしてこの曲もすさまじいインパクトのある曲で熱いです!

#4「La Tempestad」

ぐおおお!!出だしからドラムのブラストが一向に止みません( ;∀;)なんていうブルータルなナンバーなんだ!もう止めることなどできない暴虐非道なデスメタルナンバーです。勢いがとにかく凄まじいです!めちゃくちゃ格好いいです。それにしてもドラムの運動量はんぱないな…

#6「The Chosen One」

インパクトが強烈なナンバーですね。ピュアブルデス!と言いたくなるほどに激しいデスメタルナンバーですね。ここでもブラストするドラムの激しさが凄まじいです。ズガガガガガ!ととにかく爆撃しまくるそのサウンドにしびれまくりです。荒れぶるギターソロもクレイジーで最高です!(←最高に褒めています)

#8「Order Of The Arcane Scripture」

曲の出だしがとにかく速い!そして爆走するナンバー!このスピード感は気持ちいですね!ブルータルでスピード感のあるナンバーです!邪悪な世界観もまた実に格好いいんです。

本作のマイナスかなーって思うところは?

ブルデスとしてサウンド的にはマイナスな部分はないんだけど、聴き続けるには体力がいるかも。

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

凄まじいブルデスが聴ける最高のアルバムだと思います。まあ良くも悪くもサウンド的に変わっているところは無いので(最高にHate Eternalらしさが出ているアルバム)、Hate Eternalが好きな人にとっては満足のできるアルバムなのではないでしょうか。ブルデス好きには最高にお勧めのアルバムです。

映像

Locust Swarm

評価

評価:★★★★★★★☆☆☆ (7.0)

スポンサードリンク