スポンサードリンク

イメージ

cover4

アルバムについて

オーストラリア出身のデスコアバンドのアルバム。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01. The God Delusion
02. Satan’s Upheaval
03. Throne Of Flies 2
04. Apostasy
05. I, Godless
06. Heathen
07. The Priest Of Lechery
08. Death Scripture
09. The River Of Pain

お気に入りの曲

01. The God Delusion
02. Satan’s Upheaval
03. Throne Of Flies 2
05. I, Godless
06. Heathen
07. The Priest Of Lechery
08. Death Scripture

好きなところ

とにかくブルータルにこだわった激速なアルバムなところ。

好きではないところ

あまりにも激しいアルバムなので疲れてしまうかも?

説明

いやーすごいっすね。何が凄いって…凄まじいほどのブルタリティに満ち溢れた邪悪なデスコアサウンドってところがですよ!とにかくブルータル一直線に、全てのものをぶち壊さんとばかりに暴れまくる極悪サウンド!ブルデスと言っても良いくらいにデスメタリックな容赦のない暴虐極まりないサウンドを演奏しています。これほどまでにブルータルに攻め立てるアルバムは数少ないと思いますが、トップクラスの

ブルータルですが、そしてとにかく速えええええええ!!!

それにしても、ブルータルなサウンドで生けるものを全て殺戮しまくって草の根が生えないほどに残虐極まりない世界が広がっているサウンドですが、そのブルータルな要素に貢献しているのがとんでもない「速さ」があります。重苦しいサウンドではありますが、走り出したらもうそのスピードについていくことなどできないんですね。このアルバムでのA Night In Texasのスピード感覚は全く理解ができない。ドラムのテクニックがとんでもないほど超人・変態級であるのは嫌というほどわかるのですが、この速さを演奏するその演奏技術もまた理解を超えた凄さです。ブルータルでいて激速な演奏ってもう無双状態ですやん…。

速いからこそサウンドがマンネリ化せずに気持ちよく聴ける

本作「The God Delusion」の特徴は、「ブルデス並みにブルータル」そして「激速」であると思うのですが、緩急付けたサウンドであるのが良いんでしょうね。いきなり激速な演奏を始めたり、スピードを落として超絶ヘビーなパートに移ったり、そしてまたスピードを「グンっ!」と上げて暴虐極まりなく激速パートに流れたり…とにかく曲の変化が速度によって変わったりするところが面白いですね。

ドラムがもう変態級…狂気に満ちている…

これはもうデスコア好きなら是非聴いて欲しい。確かめてほしい。ここまでバカバカしいほどに笑ってしまうほど(←褒めてます)、ドラムがもうね…なんじゃこりゃああああああ!!!と突っ込みたくなるほどに暴れてるんですよ。ちなみにドラマーは「Rick Fieldhouse」なる人物がクレジットされていますが、あえて言おう!あなたは人ですか?

いや、どのパートも変態級ですよね…

ドラムばっかり褒めてる場合じゃない。そうなんです、どの楽器やパートも言葉を失うほどに凄まじい演奏を聴かせてくれるんですよね。他にも超絶ブルータルなデスコアバンド・アルバムは存在するけど、A Night In Texasの気合の入り方はデスコアアルバムの中でも最高にブルータルなアルバムだと思います。とんでもないアルバムだな…。

触るな危険!これは危険極まりないブルータルなデスコアアルバムなんです!

はっきり言って危険度は相当高いです。ドラムは繰り返し言っているように激烈無比でもう最高に狂いまくってるし、ギターやベースはもう荒れぶり過ぎて手が付けられないほどだし、ボーカルもまた強烈。どこをどう見ても最高のデスコアアルバムじゃないですか!ここまで素晴らしいブルータルな世界が広がっているデスコアアルバムを作ると、誰が想像していただろうか!私は全く想像していませんでした!いい意味で裏切られた気分。いや最高の気分です!

お勧めの曲について

私のお勧めの曲は以下の通りです。

#1「The God Delusion」
#2「Satan’s Upheaval」
#3「Throne Of Flies 2」
#5「I, Godless」
#6「Heathen」
#7「The Priest Of Lechery」
#8「Death Scripture」

#1「The God Delusion」

不穏なSEのイントロが非常に不吉な予感と、これから始まるデスコアナンバーにゾクゾクさせられます。そしてドラムがとにかく速いこと速いこと!なんですかこの速さは!?もうあまりのインパクトの強烈さにポカーンですよ…とにかくドラムの凄まじい演奏に聴いているこっちは固まってしまいます。曲自体は非常に目まぐるしく変化するパートに驚かされっぱなしです。

#2「Satan’s Upheaval」

曲の出だしからとにかく激走パートでもうそのスピードに置いてけぼりを食らうほどです。ズガガガガガと暴れまくるドラム、ギャーギャー叫び吠えまくるボーカル、複雑なリフの応酬と、非常に強烈なデスコアナンバー。音が非常に殺傷力がある危険なナンバー。

#3「Throne Of Flies 2」

この曲もやばい…殺傷力の高い極めてブルータルなデスコアナンバーです。激烈なデスコアナンバーで格好いいのですが、エグイほどにぶち込まれるブレイクダウンパートの格好良さもいいですね。

#5「I, Godless」

音の一撃一撃がエグイほどに体に突き刺さるような、まるで殴り殺されそうな攻撃的なサウンドの繰り返しに戸惑いながらもそのブルータルなサウンドに酔いしれてしまいそうです。1:57辺りでギターソロが出てくるものの、2:05でのドラムは完全に狂ってます…。本当に凄まじい。。

#6「Heathen」

この曲も完全にアウト。もうやり過ぎでしょう…。とにかく速さ、ブルタリティ、狂気しか存在しないのかこの世界には!完全に狂ってますよ。それほどにこのナンバーも激しいデスコアナンバーですね。

#7「The Priest Of Lechery」

テクニカルなギターが印象的な出だしで始まるナンバーですが、ブレイクダウンパートを多用しながら曲が進んでいき、相変わらずのブルータルな世界が広がるデスメタリックなサウンド。素晴らしいの一言ですね。

#8「Death Scripture」

相変わらずなブルータルなデスコアナンバーです。ブレイクダウンパートが格好良く、かなり好きです。

本作のマイナスかなーって思うところは?

とにかく激しいばかりのパートが次から次へと飛び出してくるので、少々体力がいりますね…。コンディションを整えて聴きこむことをお勧めします(あれ?これってマイナスの要素ではないような…)

色々語ったけど・・・ぶっちゃけ本作ってどうなの?

最高にブルータルで最高に速くて最高に格好いいデスコアアルバムです。非常にブルータルなアルバムなので、とにかく激しさに飢えているデスコア好きの人にはお勧めです。個人的にはあまりにもブルータルなアルバムなので体力をかなり消耗してしまいました。それほどまでにこのアルバムは危険な作品だと思います。デスコアの中でも特に危険度の高いアルバムなので、本作は取扱注意です!

映像

The God Delusion

評価

評価:★★★★★★★★★☆ (9.0)

スポンサードリンク