【メタルコア】Maintain 「The Path」(2013)

スポンサードリンク

ジャーマンメロデス/メタルコアバンドの待望のフルレンス。

トラックリスト※赤字はお気に入りトラック

01.New Shores
02.Braving The Waves
03.The Farewell
04.In The Midst Of Doubt
05.Kissing The Flames
06.Thrilled
07.Priorities
08.Deception
09.Heritage
10.Reign Of Malice
11.The Day

お気に入りの曲

01.New Shores
02.Braving The Waves
08.Deception
10.Reign Of Malice

好きなところ

・メロデスの要素と硬派なメタルコアの要素が上手く融合されていて、実に格好いいところ。
・突然かましてくるブレイクダウンパートが格好いい。
・ちょっとMaroonっぽいところがちらちら見えるところ。

好きではないところ

なし。

説明

いやーこいつぁ熱いですね!

そもそも・・・もちろんメロデス好きの方々はチェックして欲しい。本当にそう思えるアルバムだと思います。

少し大げさな表現をしてしまいましたが、確かに前作よりも実にレベルアップが図られていると思われる本作。
メロデスの要所はしっかり押さえられていて(メロディ、テンポのよさ、曲の分かりやすくてとっつきやすさといった展開)、アップテンポ(比較的速め)の曲が多く、素直に格好良さがひしひしと伝わってくる内容。
過去の作品「With A Vengeance」は良くも悪くも地味で、地味なNeaeraって感じであまり印象に残るところがなかった気がして。。(ジャケットもなんだか地味過ぎる・・・


【参考】Maintain「With A Vengeance」(1stアルバム?)

スポンサードリンク

にしてもジャケットが地味・・・でも#4「Too Many Fuckwits – Too Few Bullets」は格好良いですよ。

しかしまあここまでやってくれるとはと本当にいい意味で裏切ってくれたなーって感じですね。

そして何よりメタルコア要素も上手くブレンドされていて、ただメロデス要素だけではなく、ブレイクダウンも上手い具合に使われていて、硬質のゴリゴリした質感により硬派な印象を受けるところが実に格好良くて熱いです。

全体的には速い曲が多いのが印象良し。
やっぱり疾走してくれたほうが聴いていて興奮しますもんね。
うーん・・・わかってるなあどうすれば格好良く聴こえるんだろうって言う疑問を実にクリアしてます。
最高潮なのは#8「Deception」。疾走しながらもメロディはメロデスとして流麗なメロディを放ちながらも(憂い帯びた少々悲しげなメロディも時たま飛び出すところがポイントね)ブレイクダウンを急にかましてくる様なんてめちゃくちゃ格好いいこの曲は今のヘビロテチューン。

そして出だしから疾走パートで始まる#10「Reign Of Malice」なんていきなり疾走してるんかいと突っ込みたくなる疾走ナンバー。この曲も熱いです。
特に、疾走感といった面で言うとMaroonっぽさを感じますね実に格好いい。

ジャーマンメタルコアバンドのこの熱きメタルコア作品は今までの彼らの作品の中では最高傑作なのではと思います(あ、それほどアルバムはリリースしてなかったっけ。。)
とにかくメロデス/メタルコア作品としてはかなりレベルは高いですよ。
お勧めの一枚ですね。

映像

New Shores

評価

評価:★★★★★★★★☆☆ (8.0)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。